おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

 いやーじつに長旅やった。


 成田→ダラス→マイアミ→リマ(ペルーの首都)。前回より乗り継ぎは順調だったとは言え、ここまでですでに丸一日以上。


 リマで一日足早に観光して、夜行のバスで15時間かけてアレキパという町へ。ここでも夜まで目いっぱい歩いて街を観光し、ついでにバーで地ビール飲みながらW杯観戦。その日の明け方1時に出るはずのバスが来ずに、結局朝の4時までターミナルのベンチでゴロゴロしながら、やっぱりテレビでサッカー観戦。(さすが、南米!街中どこ歩いててもサッカー見られるのが素敵★)


 そんで、さらに8時間かけて今日の昼ごろペルーとボリビアの国境の町に着き、そっからまた別のミニバスに乗って、ようやくラパスに今さっき到着ーーー!!


 すごいね。何がすごいって、地球半周よりペルー横断にかけた時間のが長いのがすごい。さらにまだここからわが町ルレナバケまで18時間というバス旅が待ってたりネ。まぁ、でも数日はここラパスでちょっと身体休めしよーっと。


 いや、でもおもしろかったなー。ペルーとかペルー人とか。なんか、リマは危ないってよく聞いてたから微妙にビビッてたんだけど、全然フツーやった。町の人もみんな気さくやし。いろんな人に「フジモリの娘か」ってなジョークを言われたり。


 本当はもっとゆっくりいろんな所まわりたかったんだけど、なんせ、自分の体重と変わらん荷物を抱えての初めての場所での移動はさすがにちょっとキツイ。なので、ちゃっちゃと馴染みのあるボリビアに戻ってきちゃった。まぁ、来年の帰路チケットもリマOUTなので、そんときはもっと余裕もって旅をしよう。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する