おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。



 ルレナバケの川向いの町からちょこっと離れたジャングルの中の小さな家で、ひとりで暮らす日本人のおじいさんがいる。

 大分生まれの小野さん。94歳。


 彼は、私と同じ、23歳のときにボリビアに来た。戦前である。

 商業実習員として二年の契約で訪れ、そのまま在住し、戦争が始まり、その後一度は日本に帰国するが、またボリビアに戻ってきて、半世紀以上の長い歴史を歩みながら、今に至る。


 ルレナバケに日本から移民がやって来たのは、小野さんよりも後のことだ。小野さんは、そんな日本からの移民家族たちが協力しあえるように、ルレナバケ日系人会を創った。

 現在では、会長の役は他に譲ったものの、いつも日系人の家族(といっても、一世の方々はもう生きておらず、二世以降で、日本語もほとんど話せない)の生活などを気遣い、毎週土曜日には自転車でジャングルから町に繰り出す。


 ・・・もう一度言うけど、小野さん、94歳。


 とにかく、周りが心配するほど活動的で、二、三年前には、人生最後のプロジェクト(たぶん?)として、自宅(ジャングル)の畑の農産物を、すべてヤマイモに変えた。

 このヤマイモは、日本のいわゆるヤマイモとは見かけはだいぶ違うけど、まぁ、たぶん同系なんだろう。小野さんいわく、ボリビア人は野菜をほとんど食べないから、栄養がかたよりがちだけど、イモ類はかなり好きだから、ビタミンCやさまざまなミネラルがたっぷりのヤマイモを食べる習慣がつけば、ボリビア人にとってのいい栄養補充源になるだろう、とのこと。う~ん、とってもおもしろい発想だ。


 そんな小野さんは、日系人家族はもとより、現地の多くの住民たちに慕われる、素敵なおじいさんだ。



 日本人の観光客で時間を持て余してる人に出会うと、私はいつも彼を訪れることをオススメしている。70年以上、ボリビアに暮らす小野さんの語る歴史は非常に興味深いし、また、短波ラジオでほとんど聴き取れないようなNHKラジオ放送を、かかさず聴いている小野さんにとって、日本人との会話は貴重なものであるようだ。

コメント

アルジェリアより初コメントです。
そんなところに凄い日本人がいるもんなんやねえ。
一人で暮らしているのか。
ヤマイモ広がるといいねえ。
人生最後のプロジェクトか。かっこいいなあ。
2006/03/24(金) 10:00:07 | URL | tinga #-[ 編集]
ども
元気にやっているみたいやね。

久しぶりに日記拝読しました。いっぱいエネルギーもらったよ。更なる活躍を期待してるで。

俺もいろいろありますが、また今度めいるしま~す。

んじゃ。

りょう
2006/03/26(日) 23:10:38 | URL | りょう #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する