おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 先週、友だちの推薦で、ルレナバケの町とラパスを往復するセスナ機の事務所カウンターの仕事の面接を受けた。


 日本でも就職活動したことないのに、ボリビアで履歴書作ることになるとは・・・。


 英語とパソコンを使いこなせることが条件で、給料はここのレベルにしては高い方なので、まぁ、試しに、と、軽~い気持ちで応募してみたら、あっさり面接試験に合格してしまった。実際、英語をまともに話せる現地人はほとんどいないから、可能性は高かったんだけど。


 さぁ、どうしよう。


 深く考えずに応募したから、受かった場合にお店をどうする、とか全然考えてなかったし。日本に一時帰国するための復路航空券は、もう期限ギリギリだし。・・・困ったナ。


 優柔不断なモンで、一晩アレやコレやと考えをめぐらせた末、せっかく採用されたけど、今回は残念ながら断ることにした。


 新しいことに手を出すのはめっちゃ好きだし、落とされたならともかく、自分からオファーを蹴るのは、かなりもったいない気もするんだけど、週7日、朝6時半から夕方7時まで、っていうスケジュールだと、お店は完全にほったらかしになっちゃうワケで、それはちょっとキビしい。お店を正式にオープンしてからまだ半年もたたないし、ちょうど雨期が終わってこれから観光シーズンに入ることもあって、今年はもうちょっとお店中心の生活を続けよう、ということに決めた。



 というワケで、家族・友人の皆さん、予定どおり5月半ばに一時帰国することになりそうです。
コメント

週7日で早朝から夜まで仕事って..それでもシエスタは健在なのかな?
上司に南米にそういうシステムあるらしいですよと紹介したら、「そうか、うちも導入検討してみるか」とのお言葉。冗談とは言え、仕事に追われゆとりが欲しいらしい

ボリビア歴も長くなり、根を下ろし始めてる感じだね。いつかお店立ち寄れるといいのだけど(^ ^;)
2006/03/17(金) 13:30:48 | URL | shun #-[ 編集]

断って良かった、、、、、、。
2006/03/19(日) 08:07:07 | URL | パパ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。