おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 三日前にルレナバケを離れ、バスで5時間、サンボルハという町に一泊の滞在。


 ここには、ルレナバケとは違った民芸品がある、というので、さっそく道行く人たちに尋ねながら、探し当てる。ヤシの葉で編んだ帽子やうちわを購入。ここらへんに暮らす、チマネって民族は、木の皮で作った衣装を伝統的に使っており、その樹皮も購入。また、商品のアイデアが広がる。



 翌日、朝から約12時間かけて、トリニダという町へ。


 雨が降ると泥沼になる道路で、バスの運ちゃんが思った以上に手こずり、着いたのは夜。とりあえず、この町に滞在中のリエちゃんに電話をしてみると、「ウチに泊まる?」って、ありがたーいお言葉。


 次の日は、お店 La Cambita の商売登録をすべく、朝から税務署?へ。ボリビアにしては珍しく、問題なくすんなり終了。


 そっからは、またまたリエちゃんのお言葉に甘えて、トリニダの民芸品屋さんの視察見学に連れてってもらう。


 んでもって、なんてタイミングのいいコトか。 昨日は、11月18日「ベニ県の日」のお祭りの真っ最中で、夜には、なんとも楽しげなおっきな前夜祭フィエスタが! もちろん、そこにも、リエちゃんとメグミちゃんに連れて行ってもらっちゃった。しかも、フィエスタに沢山の民芸品が出展されてて、またしても、あれやこれやと購入。



 わーい。旅ってステキ。思わぬ出会いや掘り出し物がいっぱい♪


 本当はもっとゆっくりしたいところやったけど、他にもいろいろ目的のある私は、昨夜のバスで、サンタクルスの町へ。8時間かけて到着。


 
 では、これから、丸一日以上かけて、かわいい娘に会おうと、はるばる地球の裏側からやってくるはずのパパさんを迎えに、ちょっくら空港まで行ってきまーす。
コメント

すんごい長旅やねぇ。 せっかちの私にはきっと耐えられません。  

元気そうで何よりです。
2005/11/20(日) 04:58:07 | URL | しほこ #-[ 編集]

あんなに気の短いうちのパパさんでさえ、はるばる38時間かけてボリビア来たんやから、しほこも来るべき! NYからなら、まだ近いよ?
2005/11/20(日) 06:02:26 | URL | なち~た #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monitobonito.blog15.fc2.com/tb.php/47-2973e20e
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。