おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ボリビアアマゾンの入り口にあるルレナバケの町の魅力は、緑の溢れる風景だったり、美味しいご飯だったり、素朴で飾らない住民たちだったり、小さい町だけど多国籍の移民たちを受け入れて来た開放的で寛容な文化だったり、子どもとママが人口の多数を占めるため自由な子育てがしやすい環境だったり、そりゃもうかれこれ14年間も暮らしてきた住人のひとりとしてはいっくらでもその住み心地の良さを並べたてられるのだけれど、旅人さん視点の観光地的な魅力を挙げるとするならば、ジャングルという熱帯大雨林と、パンパスという熱帯大湿原(ブラジルではパンタナールと呼ばれる)がすぐそばにあって、お得に両方を楽しめちゃうってのが素敵すぎるポイント☆


 ジャングルツアーは、モーターボートに乗って2時間くらいベニ河(アマゾン河源流)を上り、そこから密なジャングルをトレッキングしながら巨大な木や薬草、野鳥、野生動物など、ディープな自然に触れられ、他にも魚釣りしたり、キャンプしたり、筏ラフティングしたり、がっつり大自然アドベンチャーが経験できる。


 一方パンパスツアーは、まず車に3時間ほど乗って、流れの穏やかなヤクマ河まで着くと、そこからモーターボートでゆっくり舟での散策を楽しみながら、河辺にいる野生動物を身近にいっぱい観察できる、よりイージー&リラックスなツアーと言える。


 どちらがより楽しいかは各自の好みによりけりだけど、ツアー会社で働いていたら毎日いろんな国の人に出会うので、なんとなく出身地方による好みみたいのも見えてくる。例えば、イスラエル人にはディープでサバイバルなジャングルツアーが人気だし、ゆっくり旅するヨーロッパ人はジャングルとパンパス両方行く人が多く、日本人には圧倒的に(野生動物が確実に見られる)パンパスツアーが人気高い。


 私が働く旅行会社Max Adventuresは、マディディという国立公園に指定されるジャングル内にオリジナルのデザインで建てたツリーハウスを持ち、その周辺をトレッキングするツアーを専門としてここ数年やってきたのだけど、そこそこパンパスツアーのリクエストも多いもので、今年に入って、パンパスツアーも始めることになった。


 さて。私の具体的な仕事は、インターネットを通した問い合わせや現地のオフィスに直接来るお客さんに対して、ツアーの紹介をし販売し、ガイドとグループをコーディネートして、当日ツアーへ送り出す、というもの。


 で、その特典というか、仕事の一環として、ときどき家族でジャングル散策に行かせてもらえる。だって、自分の知らないもの、自分が魅力を感じないものを他の人に売りつけるわけには行かないし〜。で、この度、会社でパンパスツアーを提供するようになった流れで、私も必然的にパンパスに行くことに!(久々だったので、かなりワクワク♪)


 というわけで、Max Adventuresと行くイチオシのパンパスツアー二泊三日をご紹介♪


 朝9時、車で出発。道中、さっそくアンバイブーという木に生息するナマケモノ発見。こりゃみんな、朝からテンション上がるね!

P7094581.jpg

P7094577.jpg
 

 他にものんびり道を横断するカピバラの親子にも遭遇するし!君ら、危機感なさすぎや〜☆

P7094600.jpg


 ヤクマ河に着いたら、午後からクルーズ開始。野鳥などが観察しやすいようにボートには屋根がついてないから、直射日光がかなりきつい。河の水上からの反射光も容赦ない。まぁ、私ら色黒親子の場合はいまさら感が否めないけど(笑)、一般の旅行者には日焼け止め対策が必須です!

P7094622.jpg

P7104781.jpg


 乗ってるボートから手を伸ばしたら届いちゃいそうなくらいの距離感で、カメさんやらワニさんやらリスザルさんやらが、そこらにいるわ、いるわ。

P7094639.jpg

P7104796.jpg

P7094662.jpg


 野鳥さんなんて、もういろんな子たちが「ほら、写真撮って♪」とばっかりにそこらでポーズとってくれていて、カメラ向けてはしゃぐ人間たちに大サービス。

P7094739.jpg

P7104920.jpg

170614 Wetlands (41 of 215)


 河をゆっくりクルーズしていると、ときどきクチバシが淡いグレーピンクの河イルカがそこらをジャンプする。黒っぽくて中の見えない(ワニやピラニアが潜んでいるかもしれない)河に飛び込む勇気のある人は、人懐こいイルカちゃんたちと一緒に泳げるよ!

P7104878.jpg


 そしてアマゾンと言えば、ピラニア!ピラニアを釣って、唐揚げにして、食べられちゃう♪ 男の子ってほんま、魚釣り好きなんだよねぇ。根気のない私なんか、5分で飽きてしまうんだけど、うちの6歳児も大人たちに混ざってかなり真剣にピラニア釣りを楽しんでいた様子。

IMG_20170711_110016.jpg

170614 Wetlands (34 of 215)
 
 
 この他にも、アナコンダ探しハイキングや、光るワニの眼探しナイトクルーズ、朝焼け、夕焼け鑑賞、etc. etc.と盛りだくさんのパンパスツアー。もうとにかく、野生動物は次から次に身近で見られるし、どこを向いても大自然の景色が最高すぎて、感動の連続!

 そんな、パンパスツアーをご希望の方は、Max Adventuresにて、いつでもツアーコーディネートを承ります♪

P7094753.jpg
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monitobonito.blog15.fc2.com/tb.php/374-2e030e54
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。