おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。


 うちのおサルな相方ウゴのお話。


 ウゴはルレナバケを東に東にブラジル寄りに向かった熱帯大湿原のど真ん中にある小さな小さな集落に生まれた。集落からブラジル国境より延びる幹線道路までのアクセスは、乾季は馬や牛車、雨季は辺り一帯水で覆い尽くされてしまうので集落は孤島と化し、交通手段はカヌーのみだったという。まさにそんな閉塞した環境に由縁するのだろう集落の名前は、「カンダード(=スペイン語で「南京錠」)」といった。

IMG_0316.jpg

IMG_0226.jpg


 その辺鄙きわまる集落出身の両親の下、ウゴは5番目の子どもとして生まれた。そして彼がまだ赤ちゃんだった頃、お父さんは狩りに行ったまま事故にあって還らぬ人となり、当時の住処の庭に埋葬されたらしい。


 その後のお母さんの苦労は計り知れないけれど、彼が8歳になった頃、すでに結婚していた一番上のお姉さん(当時18歳)の先導で一家は孤島の集落を離れることとなり、長い長い道のりを移動し、ルレナバケの町へと辿り着いたという。ウゴには父違いの下の弟妹があと3人いて、全部で8人キョウダイだけれど、ほかのみんなは今ではそれぞれ違った町で家族を持っていて、お母さんはサンタクルスという町に住んでいる。


 さてさて。最近になって、お姉さんのひとりが、もう身内が住んでいないカンダードからルレナバケにお父さんのお墓を移そうという相談を持ちかけてきた。いつかカンダードに帰るだろうと思って残してきたけど、もう誰も戻りそうにないし、あそこは遠すぎて誰もお花を供えにいくことすらできない。ルレナバケだったらウゴがいるし、おばあちゃんやおじさんたちも住んでいる。


 というわけで、お姉さん2人とお母さんとウゴで、じつに23年ぶりにカンダード集落へと向かうことになった。その遠征隊から強くお誘いを受け、私もウゴや家族が生まれ育ったその大自然に囲まれた土地にぜひとも行ってみたかったのだけれど、いつもは行き当たりばったりで大胆な行動を取っちゃう私もさすがにまだ生後4ヶ月の息子を連れてそこまで辺鄙な場所まで行く道のりの大変さに尻込みしたのと、じつはめっちゃ怖がりな私は、火葬ならまだしも土葬された遺体を掘り起こすなどというホラーすぎる場面に立ち会う度胸は到底持ち合わさないため、今回は息子たち2人と大人しくルレナバケでお留守番することにした。


 そうして、ルレナバケから往復16時間ほどの旅を終え、ほぼ土に還っていたという亡きお父さんの名残りは、ルレナバケの墓地に改めて埋葬されたのだった。


 11月1日はTodos Santos(=死者を祀る祝日)。家族でお父さんのお墓参りに行こうと思う。

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monitobonito.blog15.fc2.com/tb.php/335-92584313
トラックバック