おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。


 育児、仕事、妊娠、洪水、出産、エトセトラで今年はめっきり足が遠ざかってしまっていた、うちの畑。かなり放置していたとはいえ、手のかからない果樹をいくつも植えてあったので、たまに手入れや収穫に(ウゴ氏が)行っていたのだけれど、今年初めの大雨と洪水の被害を受けて、それまで豊富に実をつけてくれていたパパイヤの木たちは全滅。生姜やレモングラスなどもご臨終。それよりさらに残念なのが、実をつけるまでに5年ほどかかるアボカドの木。もうだいぶ大きくなっていて、あと1年くらいで実がなりそうなのをかなり楽しみにしていたのに、、、容赦無い水攻めに耐えられず、あえなく枯れてしまった!

 そんななか、生き残り組のパイナップルが去年よりたくさん実をつけてくれているのは喜ばしいかぎり☆


P7010178.jpg


 さらに、下の写真は、植えた覚えのないトマト。どうやら、私たちをさんざん悩ました洪水で流れこんできた泥に、どこかで消費されたのだろうトマトの種が混じっていたらしく、洪水の過ぎ去ったあと、家の復旧作業や育児や出産がてんやわんやで、手入れもせずに泥地のまま放ったらかしていたのだけど、洪水時に河から流れ込んだ栄養分豊富な泥が肥やしとなり、強い日射しの恵みを受けて、勝手に芽を出し勝手に育っていたものと推測される。なんと逞しきトマトかな!


P7110292.jpg


 洪水がもたらしたトマトさんの生命力を目にして、不意に励まされ、癒やされたのだった。大地の神様、ありがとう。



コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monitobonito.blog15.fc2.com/tb.php/331-49c510e7
トラックバック