おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最初の洪水から丸一ヶ月。じつに3週間にも渡って私たちルレナバケ村民を悩ましてきた雨・雨・雨・・の日々もようやく落ち着き、土砂崩れ後の危険な山で町民のために復旧作業に取り組んでくれた技師さんたちのおかげで町の水道もついに復活、他市からの道路はまだ復旧作業がつづいていて多少物資が不足したり値上がりしたりはしてるけど、なんとか日常生活が回るようになってきた。なによりもこの常夏のアマゾンでいつも親しんでいる青空と痛いほど照りつけてくる太陽の光を浴びることが一番の元気の素!


 とは言え、約一ヶ月に渡って被災を繰り返してきた私たちにとって、その後の復興までの道のりも簡単ではない。。。


 家を失ったり、修復が必要だったりして、いまだに避難生活をつづけるたくさんの家族たち。かくいう私たち一家も、数日間も水に浸かっていた我が家を前に、いったいどこから手をつけたらいいのやらと途方にくれてしまい、、、年末にサボってやり損ねた大掃除を今頃するハメになったワケだけど、ドロドロになってしまった床や壁や家具や日用品らの回収・清掃・ゴミ出し・片付け作業は思った以上に大変で、衛生の点から夜はまだテント生活をつづけている。(もうかれこれ三週間ちょい。)


 畑や田んぼが半壊・壊滅した農家さん、たくさんの家畜を失った牧場主さんの痛手も相当だし、考えるだけで切ない。。。


 町の主要産業であるツーリズムは、他市からのアクセスがいまだに途絶えていることから客足はもちろんないし、ジャングルやパンパスに木や椰子の葉で建てられているエコロッジやボートの物理的被害も大きい。元通りの活動再開には数ヶ月かかるかもしれない。そして、観光業の収入が崩れると、旅行会社やレストラン、ホテルなど直接の観光業関係者は当然のこと、町自体の景気も影響を受けるのが観光地の痛いところ。


 うちのお店だってもちろん例外じゃない。浸水被害こそ免れたものの、ここ一ヶ月はまともに店を開けることすらできなかったため、あまりの湿度でカビが生える商品続出! バイトでお手伝いに来てくれるスタッフの女の子たちには、それぞれの家庭事情が大変でないときだけお店に来てもらい、接客するお客さんがいないからかわりにひたすら対カビ掃除に励んでもらっているこの頃。


 そして、「ラ・カンビータ」の店に商品を卸してくれるたくさんのつくり手さんたち。各集落によって被害の大小はさまざまだけど、みんな多かれ少なかれ洪水被害を受けている。雨がおさまって、ちょこちょこ私のところに顔を出してくれるようになって、それぞれの洪水体験話や現況に耳を傾ける。正直、今の状況で彼女たちの商品を受け取っても、観光業が落ち込んでしまった今、しばらくは現地で売れる見込みはないし、湿度の高い雨季がまだ一ヶ月はつづくなか在庫保管作業だけでも大変で、心中アレコレ葛藤がありながらも、商品を卸して現金を持ち帰りたい彼女たちの気持ちや状況はこちらとしても痛いほど分かるし、私にはほかに彼女たちを手助けする方法が思いつかないので、店が面している状況を説明し理解してもらいながらも、できるだけ商品の買い取りをする。お互いに、今後の好転を祈りつつ!


 そんなわけで、じつに四度もの洪水をもたらした今年のかつてない連続大雨は、年始めからルレナバケや周辺の住民たちに大きな試練を与えてくれ、今年は誰にとっても前途多難となったわけだけれども、「自然と生きる」意味を実感させられる日々、自然への敬服を忘れずに、アマゾンの樹々のようにみんなで共生しながら強く逞しく生きていこう。



↓写真は、今後の洪水対策に備えて、我が家と溝の間に堤防をつくる作業に励むウゴ氏とその仲間たち。オレンジの家の壁に注目! 洪水時の最高水位の跡を残すラインが窓より上の高さにあるのが分かるでしょうか??

P1030169.jpg


コメント
こんにちは
少しずつ天候が落ち着いてきてなによりです。
日々の生活が落ち着きを取り戻してるなかで、なかなかスムーズに行かないことへのもどかしさへの心情お察しします(u_u)
一日でも早く以前にも増した活気や楽しさがなち~たさん&ルレナバケ(ベニ県)にやって来ることを心待ちにしています(^^)
私は九州北部に住んでいてLa cambitaの商品を直接購入するのは難しいのですが、ホームページを眺めながらいつか手にすることができるのを楽しみにしていますね☆
なち~たさん達がどんな時も笑顔で健康にいられることを願ってます!
2014/02/28(金) 12:27:30 | URL | みき #-[ 編集]
Re: こんにちは
みきさん、温かいコメントありがとうございます!

家の床・壁・家具の掃除が一段落して、ようやくキャンプ生活を離れ、自宅に戻ることができてホッとしています。まだまだ修復作業や整理整頓など家の中も大変だし、町も復興には時間がかかるかと思いますが、とりあえず今は水道と電気がある生活だけで十分有り難みを感じながら、だんだん元気を取り戻しつつあるこの頃です。この一ヶ月ほど、不便で不衛生な暮らしと今後への不安などいろいろありましたが、こうしてインターネットを通じて情報発信することで、日本や世界の人から応援の声をいただき、とっても励みになりました!

普段は日々の活動に追われて更新をさぼりがちな私のブログですが、またぼちぼちボリビアアマゾンの暮らしなどお届けしていきますので、これからもどうぞよろしくお願いします☆
2014/03/01(土) 00:09:27 | URL | なち~た #-[ 編集]
お返事ありがとうございます(^^)
こちらこそ、ブログの更新はもちろん、今後もなち~たさんの活躍を楽しみにしています(^0^)/
私は日本にいてまだまだ知らないボリビアを、なち~たさんの目線と記される言葉を通じて知れることに感謝してます。
こちらこそ目立った活動もホームページもありませんが(^^; よろしくお願いします(^_^)
2014/03/06(木) 01:09:24 | URL | みき #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monitobonito.blog15.fc2.com/tb.php/326-260ab881
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。