おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

 標高3,800mのラパスでは、雪が降ったらしいです。


 9月というと、南半球のここではもう春の始まりの季節なのに、冬の真っただ中のような寒~い日が続いてるらしい。


 今日のテレビのニュースは、各地の雪景色ばっか。



 ここ、ルレナバケにも、一ヶ月ぶりくらいにSurスル(アルゼンチンの方から吹く南風)が来て、ここ三日ほど寒い日が続いてる。


 もともと寒いのが人いち倍、苦手な私は、T-シャツを何枚も重ね着して、トレーナー着て、そのうえ、ラパス滞在用に念のため持ってきたごっついダウンジャケット着て、ニット帽、マフラー、手袋、ブーツ・・・etc.と、まるでラパスにいるかのような、雪だるま格好で、ルレナバケの町を出歩いてます。


 そうは言っても、ここの寒さなんて、気温でいうと、所詮13℃くらいのモンなんだけど、ここはすべてが暑い気候のために作られてるから、建物は風が吹きっさらしやし、私の住んでる家は、台所が庭にあったりするし、水道もシャワーもお湯出ないし・・・。


    ホンマ、寒いンは勘弁してほしーーーーー!!!



 ・・・この気候で幸せそうなのは、うちの毛むくじゃらのバルトくんくらいです↓(笑)



balto2.jpg

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monitobonito.blog15.fc2.com/tb.php/31-1b77c416
トラックバック