おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ルレナバケが雨季で暇なこの時期に、わが家で恒例となっている親戚めぐりの旅。


 まずはラパスで家族のようにお世話になっている友人一家と再会。
 (移動:ルレナバケ〜ラパス、セスナで1時間)

 つづいてコチャバンバに移動し、父ザルのお姉ちゃん家族を訪問。
 (移動:ラパス〜コチャバンバ、バスで8時間)

 その後サンタクルスの町にて、父ザルのお母さん・弟・妹、そしてお兄ちゃん一家、妹一家、甥っ子一家にそれぞれ顔出しご挨拶。
 (移動:コチャバンバ〜サンタクルス、バスで10時間)

 こうして、ますます増えていくボリビアの親戚めぐり(すでに樹ザルのいとこの数=なんと11人!まだまだ増えていきそう。。。)を終えると、中北米と南米を繋ぐパナマ運河の辺りをちらっと経由し、今度はアメリカ西海岸でこれまた家族のように気を掛けてもらっているお宅にもお邪魔する。
 (移動:サンタクルス〜パナマ、飛行機で5時間+パナマ〜ロス、飛行機で8時間)


 そしてやっと太平洋を飛び渡って、日本。母ザルの実家 in みのお(大阪)に到着ーーー!
 (移動:ロス〜東京〜大阪、飛行機で13時間)


 あっちこっち旅しながら親戚めぐりをして、毎日そりゃもう新鮮で楽しいのはいいんだけど、さすがに季候の変化や時差や移動疲れで、フラフラなわれわれ、おっ疲れ〜。特に、まだ一歳児の身でおとなと一緒に地球上飛び回されちゃっている我が子、ホンマにお疲れさーん! はるばるやってきた大和の地で、湯船と和食と桜を贅沢に堪能して、のびのびしようではないですか。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monitobonito.blog15.fc2.com/tb.php/307-352a9829
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。