おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 先週末、県庁のあるトリニダ市で開かれた民芸品市に招待された。ルレナバケ以外の町で商品を手にしてもらうチャンスだし、いろんなつくり手さんたちにも出会えるし、なんて楽しそう!


 というわけで、二つ返事で参加を決めたはいいけど、おっと、そういやうちには乳飲み子が!

 はてさて、パパをひとりで行かせるか(いや、でも私が行きたい!)、家族三人で行くか(予算オーバーだし、店の営業もあるしなぁ)、う~む、どうしよう?とかるく悩んでみた末、今回パパにはお留守番してもらい、ちょっと大変だけど母子ふたりで行ってみることにした。


 それはそうと日本の約3倍の面積を持つボリビアのこと。県内と言えども、陸の孤島ルレナバケからは陸移動片道12時間の遠征となる。しかもボリビアのアマゾン地帯を走る幹線道路は舗装されていない凸凹道。おとなでもウンザリする長距離バスの旅に生後4ヶ月の我が子がどう反応するか、出発前のママはオロオロドキドキ。道中ぐずるかな~、周りに迷惑かけちゃうかな~、さーてどうなることやら、オロオロドキドキ・・・。


 といった母ザルの心配はありがたいことに思いのほか取り越し苦労にすみ、うちの子ザルはガタガタ揺れるバスの振動と窓から入ってくる涼しい風を受けていつも以上にスヤスヤとよく眠ってくれるし、目が覚めているときは周りの乗客のみんなが「抱っこさせて~」ととっかえひっかえ手を差し出してくれるもんだから膝から膝を遊泳したり、窓の外の緑広がる景色を興味深げに眺めていたりで、そりゃもうごっ機嫌さ~んに旅をクリアでき、母ザルは「ホッ」と一安心。


 現地にはさらにその先の町に住む相方のお母さんが孫の顔を見るついでにイベント中の抱っこ役として助っ人に来てくれたので、これまた大助かり。


 そんなわけで、三日間のイベント出店で新たにいろんな人や手づくりの物たちと出会い、はじめてのおやこ二人旅を終え、とっても充実した週末を過ごした母ザルと子ザルなのだった。そうだ、来年は父ザルも連れて行ってあげよう。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monitobonito.blog15.fc2.com/tb.php/290-8ad2227f
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。