おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 二ヶ月ぶりの日記更新、そのわけは・・・。


 じつは先月一児の母になったのであります。なんと!


 とまぁ、驚いた風を装って書いてみたけれども、昨日の今日で突然子どもが生まれるわけはなく、もちろんそこにはとっても個人的な長い長―――い十月十日のストーリーがありまして。


 まずは噂に聞いていたツワリ(+禁酒開始!)に始まり、

 つづいてルレナバケの病院での妊婦検診にてまだ形のない胎児と並んでなんとグレープフルーツ大の嚢腫なるものが共存していたことが発見され、妊娠4ヶ月で世界一天国に近い首都ラパスにて決死の腹切り手術を受けるに至り、

 痛い腹を抱えた病院からの帰り道に思いつきで駆け込み入籍をして周りを驚かせ(呆れさせ)、

 地震騒ぎのさなかに妊娠7ヶ月の母体で世界半周して日本に一時帰国、親孝行と言う名のもとでデカ腹の打ち掛け着物姿で式を挙げ(予想通り相方は袴姿で無邪気に大はしゃぎ)、

 そして実家に滞在中、和・洋・中・多国籍のおいしい物三昧(でも切ないかな、禁酒中の我が身)を堪能したあげく一ヶ月で4kgほどウェイトを増やした身重8ヶ月のダルマ姿で再び世界半周してボリビアに帰国した後、

 当初からの予定通りルレナバケの我が家&ラ・カンビータの店頭で臨月を過ごし、いざ、村の小さな病院で分娩の瞬間を迎え、予定より二週間早かったにも関わらず、日本で食を堪能しまくった効果を発揮して4kgの巨体で誕生を待っていた赤ん坊のため少々難産気味ではあったのだけれども、まぁ結果オーライ、それはそれはたくましく愛くるしい(親ばか)お子を授かったわけです。あら~、めでたい☆ 

 そして、出産にはギリギリ間に合わなかったものの、産後すぐに日本から赤ん坊のジジババたちがはるばるかけつけてくれ、初孫とのハートフルなひとときを過ごして帰って行きましたとさ。こりゃまた、めでたし☆


 と、ここ9ヶ月間を一気に書きつらねてみると、だいたいこんな感じデショウカ。なんだか相変わらずのハチャメチャぶりに見えるけど、人生初の出来事の連続を身に受けて、私なりにいろいろな葛藤や覚悟や困惑を経験しながらの毎日だったために、今までこんなに重大な出来事を日記に書きそびれてきたわけでして。


 さて、とにもかくにも。こうして、私の前厄年の悪い機運をおっぱらって、がっつり元気に生まれてきてくれたベイビーに心から「アリガトウ!」と言いながら、とっても新鮮でめまぐるしくシアワセな毎日を過ごしているこの頃の私(お乳担当)+相方(布オムツの洗濯担当)なのであります♪♪♪


 あ、ちなみに現地ラ・カンビータのお店はちゃんと営業してますよ~。うちの新米パパさんに加えて、ふたりの仲間レティシアとフアニータが交代で店頭に立ってくれていて、私もときどき赤子を連れて登場します。日本での卸販売も日本支部担当(と私に勝手に任命された)母上さまが営業中です。真夏の節電に、ヤシの葉のカラフルうちわなどいかがですか~?(と、シメは宣伝で☆)

P1020146.jpg
コメント
おめでとう!!
おめでとう~!!
どぅやったかずっと気になってたよ~
とにかく元気そぅで良かった!!

来年会えるのむっちゃ楽しみにしてるね!!
2011/08/06(土) 14:58:21 | URL | いく #-[ 編集]
Re: おめでとう!!
いくちゃん、ありがとう!
ほんま、来年会うの楽しみ~♪
2011/08/18(木) 07:01:00 | URL | なち~た #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monitobonito.blog15.fc2.com/tb.php/285-6d95ab12
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。