おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

 少し前(一ヶ月くらい前?)、「エケコ人形」というボリビア・アンデスの願掛けおっちゃん人形が日本のテレビ番組で特集されたそうで、ラパスの友人のところには突如何万個というエケコの注文が日本から殺到して、生産が全然間に合わず、嬉しい悲鳴を上げているという。(ちなみに、私のところにも日本から何通か問い合わせが舞い込んだのだけれど、うちではアンデス文化とはまた違ったアマゾン文化の自然素材民芸品を扱っているので、残念ながらエケコのおっちゃんは取り扱っておりませぬ。あしからず。)

DSCF1802.jpg


 たくさんの注文が入るということは、その分、より多くの利益が生産者にも届く(ことを願う!)わけだから、喜ぶべきことなのだけれど、単純なボリビア人がその勢いに便乗しようと、伝統民芸品をどんどん工業的に大量生産し始めて、そうこうするうちに日本ではあっという間にブームは過ぎ去って・・・みたいな、悲しいことが起こらないのを願うばかり。


 そういや、日本人の流行好きで思い出したのが、カピバラ。このカピバラという癒し系ののっそり動物、ルレナバケから3時間ほどで行けるパンパス(熱帯湿原)にも生息し、私はここで生まれて初めてお目にかかったわけだけど、今年春に日本に一時帰国した際に、テレビのCMで温泉につかっているカピバラくんを目撃。あらま、カピバラくん、いつのまにやら生息地から遙か遠ーい日本で思いがけず知名度を上げているではないですか。


 おかげさまで、わざわざうちのお店にカピバラグッズを探しに足を運んでくださる日本人のお客さんまで現れる次第で、エケコ人形にしてもカピバラにしても、日本人の突発的な流行パワーにつくづく驚かされるこの頃。でも日本人のブームというのはどうも長続きしない傾向があるようなので、あんまり振り回されたくはないなぁ、というのが本音なところ。(ボリビア人は簡単に振り回されそうなので、ちょい心配。。。)


 写真は、ルレナバケから3時間のパンパスで見られる野生のカピバラ親子と、うちの店のつくり手さんによって生みだされたヤシの木手彫りカピバラ親子。

DSC04516.jpg

DSCF1786.jpg

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monitobonito.blog15.fc2.com/tb.php/265-df9e100c
トラックバック