おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 東京の大都会と別れをつげ、今度はニューヨークという新たな大都会にたどり着き、ただいま時差ぼけと戦っているまっ最中なのであります。メチャメチャ疲れているはずなのに、体内時計がくるってしまってどうにも寝つけないため、友人宅にてひとり夜中にネットに向かっておるわけです。


 日本滞在最後の数日を過ごした東京では、懐かしの友人たちと再会を喜び楽しんだり、フェアトレードのお店であるぐらするーつさんやふろむあーすさんを訪ねてスタッフの方たちとお話させてもらったり、フェアトレードイベントなるものに参加してたくさん学ばせてもらったり、普段のんびりな私たちにとってはじつに濃い数日となったのですが、でも、東京という町はやっぱりとってもとっても大都会で、田舎者の私たちは、そんな東京ライフの一部に触れただけで、なんだか身体も心もどっと疲れてしまいました。


 アマゾン育ちの相方は、深い深い地下鉄へと潜りながら「アリの巣みたい・・・」とつぶやき、信号の変わりとともに動き出す尋常でない人混みをみて「家畜の群れみたい・・・」ともらし、渋谷の喧噪にまぎれては「Si, bulla!(シィ・ブヤ)=Yes, 騒がしい!(スペイン語)」としょーもないダジャレでなげいておりました。でも、気持ちはとってもよく分かります。


 とかいいつつも、まぁこれ以上都会の喧噪にエネルギーを吸い取られすぎない程度ののんびり加減で、ニューヨークというまだ馴染みのない町をぶらりと放浪してみたい、出会ってみたい、なんて思ってしまう、懲りてない欲張りな私なのです。


 そんなわけで、さぁ、いざ出陣!って、あ、まだ夜中か。。。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monitobonito.blog15.fc2.com/tb.php/258-c3861171
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。