おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨年末からこっそり準備を進めてきた超個人的なプロジェクト。それは、「うちのボリビア人の相方(ボケ担当?)を連れて、お初、日本上陸大作戦!」なるものでして。


 まわりの人々は、そりゃあ人ごとなもんで、「早く連れて行けばいいのに~」とか、これまでいともあっさり言ってくれちゃってきたけども、ボリビア人が日本に行くというのは、日本人が「ちょっくら海外に・・・」というほど、なかなかどうもそんなにシンプルな話ではなくてですねぇ。


 まずは当たり前にパスポートを作るところから始まって(ちなみに、南米人は南米の中はパスポートなしで国境越えできちゃう)、日本の観光ビザをとるためには、日本の家族まで巻き込んで、彼の身元保証人や招待レターの書類の数々を作成して、途中経由するアメリカのビザを申請して(トランジットだけなのに、これが日本ビザ以上に堅苦しくておおげさな手続きで、しかも高い!)・・・という、私が大の苦手とする官僚主義の形式攻め!

 私も苦手だけど、アマゾンの田舎育ちの相方はもっと未知の世界なので、書類の方はやむなく私が世話し、いざ本人を大使館での面接審査へと送り出す。そして、こうした形式的なプロセスのすべてがラパスでなければできないもんで、昨年末からルレとラパスを行ったり来たりで、それはもう、心から、「あぁ~、めんどくさ!!」な手続きの一連も、ふぅ、ようやく完了し、ボリビアの物価からしたら、「ごっつ高!」な航空券も痛む胸を押さえながら手配し、「さぁ、あとは飛行機を乗り間違えさえしなければ・・・」と、空港トラブルがないことを祈りつつ、来月にひかえた日本行きまで夜な夜なカウントダウンのこの頃なわけです。


 あぁ、ドキドキ、ドキドキ・・・。


コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/10/13(水) 01:13:15 | | #[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monitobonito.blog15.fc2.com/tb.php/249-324cac04
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。