おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 大統領選挙まで一ヶ月を切って、最近のボリビアは右も左もひたすら選挙キャンペーンづくし。ルレナバケのような田舎町でさえ、なんだか政党カラーがイヤに目につく今日このごろ。そして、町中の各政党のキャンペーン事務所や道ばたで毎日朝から晩まで、フォルクローレやらラテンポップやらレゲトンやらが大音量で流されている、はた迷惑なお祭り騒ぎ。あぁ、やっぱりね。どこまでも、いやおうなくラテンなノリなわけだ。


 それにしても、現政府派もそれ以外も、公約をアピールするのではなく、あっちでお金をばらまき、こっちで土地やらバイクやらにんじんぶらさげて~、と、露骨な買収作戦が繰り広げられている様子が、できうるかぎり波風を立てぬよう、ごくごく穏便に暮らしている私の耳にまで届いてくる。


 どうやら、この国には公職選挙法も何もあったもんじゃない、らしい。


 思わず目を見張ったのは、ご近所さん。5年前の大統領選挙では赤い政党カラー(現政府反対派)の旗を掲げていたというのに、そして、去年の信任・不信任国民投票騒ぎでは同じく現政府反対派の緑のアウトノミア(自治権派)カラー一色に染まっていたのが記憶に新しいというのに、さて、この度、突然手のひらを返して、T-シャツから家の壁まで徹底して青色カラー(現政党派)染めになっちゃっているのは、いかがなもんか。そりゃあちょっと、あまりに節操がなさすぎやぁ、しませんか?と思いつつ、どうもツッコミずらくて。いやぁ、あまり知りたくはない、闇の政治事情をかいま見る。。。ドキドキ。



 さぁて、どうなることやら。ボリビアの将来。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monitobonito.blog15.fc2.com/tb.php/239-3ba91256
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。