おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ルレナバケからラパスへと登っていく道中のラ・カスダーダという小さな町で、豆の種まき~収穫~精製~加工~パック詰め~販売のすべての過程で女性たちが主体となって生み出されているコーヒー、その名も「カフェ・ムヘール(=女性)」という商品をつくっている生産者グループがある。


 以前一度お取り引きしていたことがあったのだけど、その後、グループが活動休止状態になってしまっていたらしく、すっかり連絡が途切れていた。


 その「カフェ・ムヘール」が活動を再開し、先月ルレナバケで開かれた民芸品市に参加しており、偶然、私たち「ラ・カンビータ」とお向かいさん出店となった。ので、お客さんの少ない時間帯にここぞとばかりに近寄って、さっそく試飲をさせてもらう。



DSCF0779.jpg



 んん~。これはこれは、香りがようございますねぇ。。。



 さてと。とくにコーヒーうんちくは語る用意がないので、気になるお方はぜひとも、ルレナバケまで試飲にお越し下さいませ!(え、無理? いやん、そんなつれないことおっしゃらず・・・。)


 ただいま「カフェ・ムヘール」、たっくさーん入荷しておりま~す☆


 ちょっと涼しめの朝には、お目覚めのホットを一杯。暑い、あつーーーい今日みたいな午後には、爽やかにアイスコーヒーなんてい・か・が?


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monitobonito.blog15.fc2.com/tb.php/236-9aa3dc33
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。