おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ここのお母さんたちは本当によく働く。世界中どこの土地のお母さんたちもみんな立派で素晴らしいと思うけど、田舎のお母さんたちはよりいっそうパワフルだ。


 まず、なにしろ、ちょっと呆れてしまうほど子だくさんである。うちのお店でおつきあいする生産者の中には、私より若いのにすでに5人の子持ちのお母さんがいる。幼い顔立ちの10代シングルマザーもいる。まだ小さい自分の子どもと自分の孫を同時に育てている、おばあちゃんとは到底言えない若さの女性もいる。


 それに、ここの一般家庭には、洗濯機も掃除機も電子レンジも食器洗い機も冷蔵庫もないから、家事は何から何まで手仕事だ。小さな集落に行けば、それこそガスも電気も水道ないから、夜が明けたら川や井戸で水を汲んで、薪で火を起して・・・と、ますます日常の仕事が多い。


 さらには、市場で物を売っているのもお母さんたちだし、うちのお店に商品を卸してくれている生産者の人たちもほとんどみんなお母さんたちなのである。いったい、ここの男どもは何をしてるんだか。。。

DSCF1835.jpg


 さて。昨日の5月27日は、ボリビアでは母の日だった。

 ボリビアにおける母の日というのは、公式の祝日とまではなっていないものの、多くの職場で、世のお母さんたちには休息日が与えられる。


 そして、普段は毎日朝から晩まで働き通しで奮闘するたくましく偉大なお母さんたちを、この日は家族が、そして社会全体が、至れり尽くせりで労って、感謝して、盛大に祝福する。


 学校では子どもたちが踊りや朗読を披露したり、家では夫や息子たちが慣れない料理をしたり、夜は女性たちがパーティーに出かけられるよう家族たちが家の留守番をしたり。

 給付金政策がお得意のエボ政府(前例:老人への年金制度の改革、低学年の子どもたちへの給付金の実施、etc.)は、この日、全国のお母さんたちに向けて、ボリビア独立戦争時代の女性英雄の名前を付けた給付金を発行した。


 ちなみに、うちの店を手伝ってくれているレティシアもふたりの子持ちのお母さんなのでこの日は休暇をあげて、私は店で日常と変わらない一日を過ごす・・・はずだったのだけど、夕方になって、やっぱりお母さんである友人から誘いを受けたので、ちゃっかり私も母の日フィエスタに便乗して、飲めや踊れやの楽しい夜を過ごしたのだった。


DSCF1706.jpg

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monitobonito.blog15.fc2.com/tb.php/221-7e304d47
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。