おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 モスキート・バーで、同い年のアメリカ人の女の子、バネッサと知り合った。



 ルレナバケは、ジャングル・パンパスツアーの出発点として、ここ最近、バッグパッカーの観光地として発展してきてる。西ヨーロッパ系や、イスラエル人がとくに多い。

 コレに対して、北米からの旅行者は、圧倒的に少ない。南米なんて、北米から中米挟んで、地続きやし、カリフォルニアなんかには、中南米圏の人たちもいっぱい住んでるし、他ンとこより、よっぽど身近な気がするけどなぁ。。。


 と、思ってたら、バネッサが答えてくれた。


 北米は、一見オープンなカルチャーに見えるけど、じつは、めっちゃ保守的で、自分の住んでいる土地から外に出たがらない人が多いんやって。

 
 そんな彼女は、今のアメリカには住んでられない、って飛び出してきたひとりだった。



 飲みながら、話がハズんで、アメリカや日本の政治の話なんかになり、ブッシュや戦争の話なんかになり、・・・妙に意見が合うなぁ~、と思ってたら、なんとバネッサは、カリフォルニアのバークレー出身だということが判明!


 えーーー、私、行ったよ~。バークレー。
 
 大学や、市議会や、ラジオ局や、飲み屋さんまで!


 ちょうど、ブッシュがイラクと戦争を始める準備をしてた頃、アメリカで唯一、戦争反対の声明を出して、毎週、市民の平和パフォーマンスが行われていた町がバークレーで、こーんなおもしろい町が、アメリカにあるんや~って、行ってみたら、いろーんな素敵な出会いがあった☆


 って、話したら、バネッサもめちゃ大喜びで、またまた話が弾んだ。


 バネッサは、バークレーのStop the War のグループで、平和活動をしてたけど、去年、ブッシュが再選したことにショックを受けて、しばらくアメリカを離れることにしたらしい。でも、いずれはアメリカに戻るって。アメリカ人にしか、今のアメリカの社会を変えることはできないからって。



 その通りだと、私も思う。・・・けど、どーにも、ここは、住み心地がいーのダ。


 日本に帰るのは、まだまだ先になりそうです。
コメント

いやぁ、モスキートバー、懐かしいねぇ~

サザンの希望の轍がいきなり流れたときのことを想い出しました。

家は決まったの?
俺は決まったよ。って日本でだけどね。
会社に近いとこ。ほんとに寝に帰るだけだけど、
居心地のよい空間になりそうです。

てか、バネッサってよく聞くし、きっと俺も会ったことあるの?だろうけど、顔が思い出せません・・・

面白くもない書き込みになってしまいましたが、
まぁ、またね~。
2005/08/13(土) 22:04:21 | URL | しゅう #-[ 編集]

バークレーか。 確かその時、私のデービスの家に遊びに来てくれたよね。 私もバネッサの意見に同意。 バークレーとかサンフランシスコとか、ニューヨークとかは別にして、その他の地域に住んでいる大半のアメリカ人はかなり保守的です。 私の友達にも、アメリカを離れた事がない、もしくは生まれ育った町を離れた事がない人がほとんどです。

それにしても、人との出会いって、不思議です。
2005/08/14(日) 08:52:25 | URL | しほこ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monitobonito.blog15.fc2.com/tb.php/20-365085e2
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。