おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

 うちの店の看板犬バルトくん(4歳半)は、私の愛情たっぷりの教育のおかげで、とってもスゥィートでインテリジェントな子に育ち、お店に来るお客さんには誰かれかまわず愛想を振りまき、勝手気ままに町に繰りだしては散歩と用足しをひとりでしてきてくれ、夜はアルトボイスの守衛犬としてお店でひとりでお留守番できる、なんともものわかりが良く、手のかからない、私の自慢の愛息子である。


 そんな賢犬バルトくんなのだけど、ある日、店のお留守番中に、うっかり店内で用を足してしまった。こんなことはほぼ初めてなので、きっとどうしても我慢できない事情があったのだろうと思う。それ自体はしょうがない。


 でも、だけど、何故、あぁ、バルトくん。なぜ、あえてその場所に?!


 ・・・なんとバルトくんは、何を思ったのか、床に無防備に放置されていた人畜無害な私のパソコン電源ケーブルにピンポイントでマーキングしていたのだった。


 そして、その結果、無惨にもアルカリ性の液体にさらされてしまった電源ケーブルは当然のごとく機能しなくなり、つまり私の有能だったパソコンは、一転して、バッテリー切れの無能な代物となってしまったワケである。


 そんなわけで、またしてもネット屋さんから足が遠退いている今日この頃。


 だって、なにしろ、ネット屋さんのパソコンでわざわざ日本語変換ホームページを使ってチビチビ日本語タイプするのって、それはもう、ものすっごくめんどくさい作業なのダ! そして、私はお世辞にもマメと言えるタイプの人間ではないのである。しかもそのズボラさは、年齢とともにますます・・・?




 ・・・あ、そういえば、ついに昨日、20代最後の歳を迎えてしまった。アーメン。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monitobonito.blog15.fc2.com/tb.php/199-879994a7
トラックバック