おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ルレナバケにはいろんな人がいろんな夢を持ってやって来る。

 以前、日本から探検部に所属するという大学生たちがやって来て、インカ時代の隠れトンネルを探し求めて、この辺りのジャングルの中を探索していったことがあった。

 そして今度は、冒険部(余談:探検部と冒険部というのはバスケとサッカーほど違うものらしい)に所属するという大学生の男の子が日本からはるばるやって来て、ルレナバケからブラジル国境近くのリベラルタという町まで約450キロつづくベニ川(アマゾン川源流のひとつ)を、カヌーで漕いで下ることに挑戦するという。

 アマゾンの神秘は、多くの人を魅了する力を持っているのである。

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monitobonito.blog15.fc2.com/tb.php/177-3b50c5bc
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。