おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最近のボリビアはちょっと政情が微妙な雲行きを見せている。エボ大統領率いる社会主義派が高地の先住民層と一層の連結を図る一方、低地の6州(ボリビアのmedia luna=半月と言われている)では地方自治権要望と反エボの動きが徐々に拡大していて、今月15日には高地のラパスでボリビアの新憲法が成立したのとまったく同時に、低地のサンタクルスで自治憲法が立ち上げられ、二地域・二層の亀裂はますます深刻化している。


 そんなニュースを受けて、世界の情勢に神経質なまでに敏感な欧米人旅行者たちは突如ボリビアから姿を消し、ここ数日ルレナバケでよく見かける旅行者といえば、平和ボケした日本人たち(悪口じゃないよ?)と、危険ボケしたイスラエル人たちくらいだ。

 勝手な私の人間観察によると、一般的に日本人は平和慣れしてて、世界を旅するときにもその国の情勢なんかをいちいち調査しない。で、イスラエル人の場合は、徴兵が義務づけられてたり、自国の中でのもめ事も耐えない土地から来ていたりするせいからか、旅先でのちょっとやそっとの暴動ぐらいでは平然としているのだった。


 かくいう私も、ボリビアという国でハプニング慣れしていながら、かつルレナバケという町ですっかり田舎ボケしてしまってもいて、ラパスやサンタクルスでみんなが派手にアピール行動や集会やハンストをして盛り上がっているのをテレビで見ても、国がふたつに分かれてしまいかねないシリアスな状況にあっても、あんまり驚きもしない自分がいる。


 それにしても、ボリビアという国をより強化なものにしようというエボ派の動きも、ボリビアという国から独立しようとする自治派の動きも、なんだかな~。それによって利益を受ける一部の人によって大衆はコントロールされてるだけのように見えてしまったり。。。


 とにかく私としては、年末年始を世界中のみんなができるだけ穏やかな気持ちで過ごせることを祈るのみ。。。
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/12/25(火) 20:56:41 | | #[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monitobonito.blog15.fc2.com/tb.php/152-c380734f
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。