おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 私が住んでいるボリビアのアマゾン地域は、世界一動植物群の多様性に富んだ地域のひとつだという。地球上のあらゆるところで自然が壊されつつあり、残された自然を守りながら観賞するエコ・ツーリズムが世界中で流行りだしたここ十数年ほど、ルレナバケにも世界中から多くの観光客がアマゾンの大自然と親しみに訪れる。

 一方で、その大自然を破壊的に利用して財産を築いている人間も多い。ここの熱帯森林からも毎日少なくない量の材木が伐採されて、外国に輸出されているらしい。

 そんななか、森林管理を計画的に行いながら材木を利用する持続可能な方法を推進する「Forest Stewarship Council (FSC、森林管理協議会)」という国際機関の「森林認証制度」という制度が生み出され、世界中に普及されつつある。これは、環境や地域社会に配慮して一定の計画的森林管理を行っていることがFSC団体から調査され認定された場合、その森林から生産された材木や木材製品に証明書が発行され、消費者たちはその認定を受けてFSCロゴマークの入った木材商品を選んで購入できるという仕組みだ。

 フェアトレードにも「フェアトレード認定」とフェアトレードロゴマークというのがあるからそのシステムとよく似ている。

 フェアトレード商品の場合、「この商品は児童労働や低賃金労働などの人権侵害を行わずに、労働に見合った正当な値で売ってますよ」ってことが保証された商品なワケで、ここで紹介するFSC商品の場合、「この商品は材木を破壊的に伐採せず、環境的、社会的、経済的に見て持続可能なサイクルの中で計画的に育てられ切られた木を使ってますよ」ってことが保証された商品なワケだ。

 つい最近、ボリビアの国内でFSC認定を推進しようと活動するグループとたまたま知り合った。彼らはまさしく私が住むルレナバケ周囲の熱帯森林に暮らす人々とコンタクトを取り、FSC認定につながる持続可能な森林管理の方法をここでも広げていきたいと言う。

 そういうことなら、森林の中の集落で暮らす生産者たちとつき合う私はいろいろ協力できるだろうし、木材を扱う生産者たちに持続可能な森林管理方法を普及させる、というアイデアには多いに賛同する。

 私の店では環境に配慮して、時期になると自然に落ちている木の実や種、またヤシの葉や枝の一部などが材料に使われた商品が多く、木を使った商品もあることにはあるけど今のところ少量なので、木をわざわざ伐採するのではなく、町での建設に使われる材木の残り端が民芸品づくりに利用されている程度だけれど、この先需要が増えていかないとは限らないので、生産者たちが適切な森林管理をしながら木材製品も生産していけるように支援していきたいと思う。


▼ 特定非営利活動法人 日本森林管理協議会のサイト
http://www.forsta.or.jp/
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monitobonito.blog15.fc2.com/tb.php/150-f0e057ba
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。