おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 アマゾンの入り口の小さな町ルレナバケは、世界一多様な動植物群やトロピカルな気候、のんびりでハッピーな住民たちによって、世界各国の自由人たち(変わり者たち?)を惹き付け、いつ頃からか気がつけばとってもインターナショナルな町となりつつある。そして、そのおかげでこんなボリビアの田舎町で、うっかりドッキリな多国籍グルメにありつける裏の魅力がルレナバケにはあったりする。


 例えば、私の行きつけモスキートバーのピザはルレナバケに住んでたイタリア人直伝で、薄べったいナポリ風。これまで来た多くの観光客が、南米一おいしいとのランキング付け。さらに、ここのオーナーはじつはペルーのクスコ出身で、メニューに載ってない裏メニューに私の大好物セビッチェ(ペルー料理、生魚をレモンの汁やショウガ、にんにく、唐辛子、コリアンダーなどで添えたカルパッチョ系のもの)があって、よくご馳走になる。


 最近お店に来る観光客においしいレストランを聞かれてオススメしてるのは、チュニジア出身でフランス、アメリカ、ボリビアに長い滞在経験を持つインターナショナルグルメなシェフのフレンチ・アラビアンなレストラン。5ドルくらいで、ハイレベルな料理が楽しめる。ちなみに私のオススメはナマズのロッケフォートチーズソースかけ(付け合わせにアラブパン)とデザートのチーズケーキラム酒入りチョコレートソースかけ。最高♪


 ちょっと朝からインターナショナルで贅沢なグルメを楽しみたい場合は、フランス人のオッチャンが毎朝焼いてる新鮮なクロワッサンやフランスパン、また、アメリカ人のオジイチャンが焼いてるシナモンロールやバナナケーキを食べてみたり。


 残念ながらグルメに貢献できないインターナショナルメンバーには、カフェバーを経営するイギリス人、ホテルを経営する韓国人、イスラエル人、展望台でターザンツアーをやるスイス人、ディスコテカを経営する中国人、そして、民芸品屋を経営するわたくし日本人。


 ってか、アジア勢ダメダメじゃないっすか。キムチ作ろうよ、韓国人! 餃子焼こうよ、中国人! 寿司・・・にぎれません、ごめんなさい。。。


 ボリビア料理も好きだけど、なんせ、辛いもの&クセのあるもの好きな私には、スパイスが物足りない。こっちって香辛料にバラエティーがないんだなぁ。。。


 そんなわけで、料理のできるアジア人大歓迎☆ 個人的にはインドとかタイが最高やネ。
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/08/23(木) 21:32:35 | | #[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monitobonito.blog15.fc2.com/tb.php/142-6d00e732
トラックバック
インドへの思い
※商品の取り寄せに1週間~10日程かかる場合もございます。※内容量/入数 330ml/24本 アルコール度数 5度 ビールのタイプ アメリカン 酒類の分類 発泡酒 ビールの色 明るい金色 インドNo.1シェアを持つメーカー。炭酸が強めですっきり飲め、適度なコクもあるビール。※ 自
2007/08/21(火) 12:06:33 | アジアの感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。