おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 日本に帰国したときに知り合った大阪外大の学生さんたちが、11月の大学祭で私が一緒に活動する人たちの商品を扱ってフェアトレードを広めたいと言ってくれている。なんて素晴らしい申し出!

 しかも、現地の人たちの生活や思いが商品を手にするように伝わるに内装なども工夫をしてくれるらしい。すごい、すごい。


 それはそうと、前回の帰国の際にスーツケースいっぱいに詰めて帰った商品と、この前ラパスの友だちに日本に持って帰ってもらった分だけでは、三日間の学祭用には品数が少なすぎる。ってことは、これから来月の学祭に向けて、商品いくつかと内装用のアイテムをこっちから送らなきゃいけない。こりゃ、大変。頑張らないと! 


 何が大変って、まず、こっちの店自体に商品の在庫が少ない。いろんなアルテサノ(民芸品作る人たち)がいろんなものを各々の都合で店に持ち込んでくるから、商品の種類だけはとっても豊富なんだけど、各商品の数は少しずつしかない。その中から、日本で売れそうなもので、日本に送るのが難しくないものを選ぶ。さらに、商品を実際に扱ってくれる学生さんたちの意向を聞いて、足りない商品を生産者たちに発注する。ただ、こっちの生産者さんたちはとってものんびりしてるなので、「いつまでに」って期限を守ることがなかなかできないんだよね~。


 ・・・うむむ。間に合うのかにゃ?

 
 こっちでの活動にはすっかり慣れたけど、日本に送ったり、日本の人たちに商品を扱ってもらうのは初めてのことなんで、ちょっと不安。でも、とりあえずやれるだけやってみよう!

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monitobonito.blog15.fc2.com/tb.php/104-d148c735
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。