おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。


 店の引っ越しをして三週間弱。

 町の中心なんで人通りも多いし、お店の営業時間を朝8時から夜9時までと延長してみた。(前は、朝9時から夜7時までだった。)結構、はりきってる自分。

 でも、実際のとこ、朝は観光客もツアーに出たりなんやかんやとバタバタしてて、昼間は暑すぎてあまり外を歩く人がおらず、結局、夕方ツアー客が戻ってきてちょっと涼しくなったあたりからが一番人の入りが多い。

 最近、日本人もよく見かける。よくって言っても、一日にひとりとか1グループとかだけど。旅してる日本人に会って話をするのは、なんか嬉しい。

 地元の人も、市場に行くついでによく店に顔をのぞかしてくれる。


 そんなワケで、新しいお店での営業にもだいぶ慣れてきた。




 ところで、ここのとこアルゼンチンからのヒッピーさんたちが多い。

 彼らは川辺でテント張って寝泊まりしながら、アクセサリー作ったり絵を描いたり楽器弾いたりして小遣い稼ぎをして生活してる。基本的には彼らはそういった自由奔放な活動で各地を点々と旅してるんだけど、ここルレナバケは彼らにとっても過ごしやすいみたいで、長居するヒッピーさんが多い。


 夕方涼しくなった頃から、それぞれお気に入りの場所なんかで活動を開始する彼たち。でも、ここ一ヶ月の観光業の不況のせいで、小遣いがなかなか稼げないようで、店をセントロに移してからは、よく私の店にもヒッピーたちが商品を持ってふらりと現れる。

 私の店では、基本的には現地の人々が現地の自然材料を使って作ったものを扱うことをモットーにしているんだけど、彼らヒッピーさんがここの自然を使って作るものにも、独創性があっておもしろいものが結構あるので、最近はたまに彼らとも取引する。

 ヒッピーさんとのビジネスの場合、お金での買い取りもあるけど、店で扱う別の商品や種などの原材料との物々交換もよくする。この辺の柔軟性が、ヒッピーらしくて楽しい感じ♪


 都会からわざわざこのジャングルの田舎町にやってくるヒッピーさんも、私も、求めるものは「お金」ではなくて、「自然の中での心にゆとりある暮らし」。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monitobonito.blog15.fc2.com/tb.php/101-6cfcf6bd
トラックバック