おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

 突然の悪い知らせとそのショックのせいで書きそびれてたんだけど、じつは、先週お店を引っ越しした。



 先週の金曜日、ボリビアの中低地4県(ベニ、サンタクルス、コビハ、タリハ)でParo Civico市民ストライキなるものが行われた。文字通り、すべての市民がストをする。学校も病院も役所も店も何から何まで全部不機能化する。


 ボリビアといえば道路封鎖やストライキは日常茶飯事(住んだことがある人には分かる)なんだけど、実際のところ、ほとんどはラパスを中心とする高地での話で、低地の町でこんな大きいストが行われるのは珍しい。今回の県レベルのストは、二ヶ月前に全国レベルで行われた国民投票で9県のうち4県では、自治権拡大に肯定的な結果が出たのに、高地の5県で否定的な結果が出たので、その方向での政策が進んでいることに対する反発を示すものだったらしい。



 とにかく、そんなワケでうちのお店ももちろん当日は休業で、それを利用して、前夜から引っ越しを開始した。町全体のストだから、お店は営業できないけど、荷物運んだり、商品を並べたりするのは自由だし。


 それにしても、なかなかこれが思ってた以上に大変だった。体力的に。家具やら大きな物の移動は人に任せたとはいえ、なんせ、商品の数が多くて、それをひとつひとつ箱詰めして、また箱から出して並べて、の作業だけでも丸々一日かかって、夜になってようやくなんとか新しい店が店らしくなった頃には、もう立ってるのもしんどいくらいだった。


 でも、それだけの甲斐あって、新しいお店の内装にはかなり満足☆


 次の日、店を開けると、さっそくいろんな人が店を覗いてくれて、「いつの間に!」ってびっくりしてるのを見るのがまた楽しい。新しい店は、町のセントロど真ん中にあって、一日中人通りも多くて予想通り店に入ってくれる人の数も前の場所より圧倒的に多い。。


 そして、昨日の火曜日は、こっちの習慣で商売繁盛を願ってパチャママ(大地の母)にお酒のフィエスタをやった。いつもお世話になってる友だちを数人招待してのささやかなお祝い。



 低地であったストライキや、チチカカ湖で有名な観光地のコパカバーナで続いてる道路封鎖のせいで、オフシーズンでもないのに観光客の数が減ってるこの頃だけど、この引っ越しがお店の活動にいい効果をもたらしてくれるといいな。


 (近々、新しい店の写真をアップします。)
コメント

そっか、お引越しは終わったのね。お疲れ様。
ぜひ、お店の様子をアップしてね。
2006/09/17(日) 03:10:12 | URL | しほこ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://monitobonito.blog15.fc2.com/tb.php/100-d1d5ffb8
トラックバック