おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15589910_1304932086232668_7836910909982548776_n.jpg
 

 2017年、あけましておめでとうございます。
 

 南半球のボリビア・アマゾンでは、お正月も30度超えの真夏日です。

 年末は、スペイン在住の友人が赤ちゃん連れで泊まりに来たり、タツキの卒園イベントがあったり、サンタクルスからお子たちのおばあちゃん(ウゴのママ、写真左から二人目)が遊びに来たり、ラパスの日本人会からベニ県の日系社会についての調査団が来たり、クリスマスはルレナバケからブラジル方面へ5時間ほど行ったパンパス湿原の小さな集落(ウゴのお姉ちゃん=写真左、が住んでる)を訪れて動物と戯れたり、家族や友人と過ごす遊びや愉しみが充実した時間をたっぷり賑やかに過ごせたおサル一家。年越し・元旦はルレナバケの町で一家4人のんびり過ごし、年始2日目からラ・カンビータの店も晴れて営業開始です。


 今年は酉年。どうか地球上のすべての人がより笑顔でより自由に飛び羽ばたける一年となりますように。

PC243128.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。