おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 長い、長い旅の移動はとっても疲れるけれども、ふとした瞬間に普段は見ることのない素晴らしい景色と遭遇したりすることもあって、そうしたときに旅があたえてくれる小さな幸せが心をいっぱいに満たして疲れを癒してくれる。


 ↓これは東京行きの飛行機の窓から見えた富士山。

P1020100.jpg


 ↓こちらは、ボリビアに着いてからルレナバケまで乗った夜行バスで、明け方目を覚ましたときに窓の外に広がり始めていたアマゾン地方の朝焼け。

P1020129.jpg


 どちらも残念ながらこんな写真なんかでは全然その感覚が伝えられないけれど、オサル一家三人はその景色を目の当たりにした瞬間、窓に張り付いて「ウヮーーー!」と見とれて、「ホーーー。」と幸せの溜息をついたのだった。


 さてさて。そんなもんで、今回も長い旅を終えて、ルレナバケの村に無事到着! 


 家の中はホコリとクモの巣だらけだし、庭はかるくジャングル化してるし、「おかえり〜」と次から次へと訪れてくれる友人やご近所さんやつくり手さんたちのお話相手もしなきゃだし、店もツアー会社もやるべき仕事がたまりまくっているし、こりゃまた一気に忙しくなっちゃったゾ!


 と、まぁまぁ。慌ててもつまらない。アマゾン時間でボチボチのんびり片付けていくことにしようではないですか。


 ↓ ただいま、我が家☆

P1020141.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。