おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 2ヶ月ほど前、ハンモックをひとつ肩に背負って、強い日差しの下を歩くひとりのオジチャンと出会った。


 人の良さそうなこのオジチャン、名前をホルヘ氏と言って、トリニダからサンタクルスの道中にあるグアラヨ族の村から初めてルレナバケの町にやってきて、自分とその家族でつくっている手織りのハンモックを売ることを試みているのだけど、一日中売り歩いているのに、まだひとつも売れない、と切なそうに言う。


 どれどれ、とハンモックを広げてみると、さすがは手織りなだけあって、織り目がとってもしっかりしているではないか。

 でも、売れない。なぜか。


 なぜならこの辺りには、観光客に目をつけた商売人がはるばるブラジルから売りにくる、機械織りのハンモックがお買い得すぎる破格のお値段で売られているのである。そして、その安さに、グアラヨ族のお手製ハンモックは対抗できないようなのである。


 確かに、オジチャンの言い値は張る。ブラジル製ハンモックの何倍もする。でも、頑丈さはオジチャンの保証付きだ。なにしろ、機械で大量生産される生地と違って、ひと織りひと織り、生の人間の手がかかって織り上げられたものなのである。ハンモック素人の私が見ても、織り生地の分厚さが目に見えて違う。触り比べると、よりいっそう違う。オジチャン自慢のハンモックは、家族何代にも渡って使えそうな丈夫さかげんなのである。


 そんなオジチャンが、今にも泣き出しそうに言う。「交通費をかけてわざわざ村から出て来たというのに、このままでは家族に顔見せできず、村に帰れない」と。


 あぁ、なんてこったい。

 買うよ、私。だから、元気だして、オジチャン!

 しかも、ハンモックだけじゃなく、もっともっとたくさんの商品を注文しちゃうよ。だから、ぜひとも、これからラ・カンビータの仲間になってくださいまし!!




 さて。そんなもんで、ハンモックやサイズ違いの肩下げバッグなど、さらなる注文をいれてあげると、少し元気になって、村に帰っていったセニョール・ホルヘ。


 と、その数日後、ホルヘ氏から電話がかかってくる。

 そしてオジチャン、またしても泣きそうな声で、こう言うではないか。

 「うちの奥さんが新しい注文のこと、信じてくれないんだ~。お願いだから、セニョリータ(私のこと)から説明してくれ!」と。


 あぁ、オジチャン! 奥さんの尻に敷かれた様子が、かわいそうなんだけど、なんだかとっても微笑ましい。マチスタ(男性優位文化)の国にも、こんな夫婦もいるのだ。


 そんなわけで、あらためて私からオジチャンのパートナー(というか、ボス?)であるオバチャンに電話で注文の詳細を誠意をもって話す。「ホルヘさんに伝えた注文は本当のことだから、安心して、はりきって、ご家族やご近所のみなさんと素敵な商品を織ってくださいな」と。



 そして、先日、ついにオジチャンが帰ってきた。私の注文した商品たちの入った荷物をかついで。


 はい、そんなホルヘ氏、登場!

DSCF0372.jpg


 そんでもって、新しくご縁を得たオジチャンとそのご家族たちの手織り作品をご覧あれ。ジャ、ジャーーーン!

DSCF0382.jpg



 こうして、新しく縁を持てたオジチャンとその一族。これからいろいろアイデアを出し合って、素敵な商品を生み出していけたらいいなぁ、と思う。そして、そのうちオジチャンの住むグアラヨ族の村にもぜひ足を運んでみたい。
スポンサーサイト
 数ヶ月前から世界を騒がせていた新型インフルエンザが、ここにきて、一足遅れでボリビアにも流入し、今更ながらなんとなしに騒ぎ始めている。

 今日のニュースによると、ボリビア全国の患者数が500人を切ったという。


 入ってくるのは遅いけど、一度現れたら広がるのは早いだろうなぁ、と思っていた私の予想通り、都市部を中心に着々と流行が拡大していっている様子。


 幸い、陸路18時間という山越えが遮るルレナバケの町ではまだ感染のケースは聞かないけれど、旅行者の多いこの季節のこと、いつウィルスが入ってきてもおかしくない。


 だいたいここの人たちはちょっと熱が出たくらいでは病院にかかったりしないから、入ってきたとしてもすぐには発見されないという可能性もおおいにあるし、私に言わせればここのお医者さんたちはどうにも信用ならないので、少々、先行きは不安である。



 このまえの日曜日、町の健康委員会の人たちが人通りの多い道のど真ん中でインフルエンザ撃退キャンペーンをやっていた。と、それはいいのだけれど、これがあまりに真剣味に欠けていて、笑えた。


 笑顔で「手を洗おう!インフルエンザに気をつけよう」ポスターを配っているのはいいのだけれど、なにゆえ、そこでブラスバンドのおっちゃんたちが楽しそうにラッパ吹いて、太鼓をたたいているのか。

 そして、賑やかに盛り上がるキャンペーン隊のお祭り騒ぎにぞくぞくと集まってくる好奇心旺盛な住民たち。もちろん、誰もマスクとかしてないし、下手したら、そのままみんなで手をつないで踊り出しかねない様子である。



 えーと。・・・なんだか、インフルエンザ感染防止どころか、むしろ煽っているようにさえ見えますけど? それでいいのか、ボリビア人!


 さらには、握手とほっぺチューの挨拶が基本であるスキンシップカルチャーの国ならではと言えよう、肘をつつき合う挨拶の方法を推薦するキャンペーンの、なんと微笑ましいことか。



 あぁ、この平和で陽気なルレナバケの町の人たちがどうかいつまでも笑顔でいられますように。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。