おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 アレやコレやとそれはそれは大騒ぎの末、新憲法についての国民投票の結果は、61%が賛成、39%が反対と、なかなかきわどいものであった。「不正の二重投票があった」とか「大統領派が一部市民を買収してた」とか、穏やかならぬ声はあるけども、とりあえず、多数決のルールからすると、新憲法が可決したことになる。


 さて、そんな今ボリビアで話題独占の新憲法を、丸五日もかけてなんとか読み通したワタシの超個人的に気になった点を勝手に書いてみる。


1. 日本の憲法9条に似た、戦争放棄の条項があるのが素敵。ついでに、男子のみに課せられている徴兵義務も廃止しちゃえばよかったのに・・・。

2. 先住民の文化保護、権利尊重について、事細かに記載されているのだけど、あまりに「先住民族」という語彙を各項目でやたらめったらハイライトしすぎていて、白人層や混血層、移民層から逆差別だという批判を受けてもしかたがないほどの行きすぎた感はどうにも否めないけれど、まぁ多民族国家であるボリビアのオリジナリティーのひとつになるのかも?

3. 国際的に(特に米国から)反発を呼んでる「コカの葉」生産をわざわざ憲法の項目で堂々と保護してしまう必要性があったかどうかは、かなり微妙なところ。

4. 国内の領土にある天然資源は国の管理の下、利用方法、産業化、収入の配分などが決められるとのことで、このあたりが社会主義憲法だと言われる所以である。スペインの植民地時代以降、銀やらスズやらひたすら資源を採りつくされてきた歴史がある手前、これはエボ政権にとって、誇りを賭けたテーマなのだけど、天然ガスが国営化されてからというもの、ガソリンも家庭用ガスも行列ナシに購入できなくなったというのは、そのシステムに改善必須の問題があること間違いなし!

5. 遺伝子組換え作物の取扱いを憲法ではっきり禁止しちゃっているのは、なかなか好ましい。

6. その昔、周辺国に戦争で負けて領土を取られてしまって以来、海岸沿いの領土を持たないボリビアが、「海へのアクセス権をあきらめない」的宣言をわざわざ憲法に盛り込んじゃってるあたりが、純なボリビア人らしくて、何だか微笑ましい。

7. いろいろイチャモンつけてるものの、結局のところ、低地の富裕層がこの新憲法に猛反発する最大のポイントは、土地改革の項目である。その内容とは、社会・経済効果をもたらしていない私用地は、国の土地とされる。また、国民一人当たりの最高所有地を5千/1万ヘクタールとし、現在それ以上所有する者からは、制限を超える土地分を国が没収する、というものである。ちなみに、制限を5千hにするか1万hにするか、という問いも国民投票の内容のひとつであった。
確かにルレナバケのあたりでも、昔からの地主家族たちが持ってるたくさんの私有地が有効利用されることなく雑草の生い茂った空地としてほったらかしにされていたりするし、だいたい一個人に5千hだって、十分とてつもなくデカいのでは?と、世界でウサギ小屋だと言われる日本の一般家庭で育った私などは思うのである。


 まぁ、そんなワケで、エボ政権を支持できるかどうかは別問題として、この新憲法そのものは、ワタシ的にはそうわるくないように思う。 のだけれど、町長をはじめ反対派が強いこのあたりでは、声を大きくして滅多な意見を口にできない、小心者な私なのであった・・・。
スポンサーサイト
 世界中のたくさんのひとたちの期待を背負って大国のリーダーとなったオバマ氏。名声に酔わず、立場を怖れず、ぜひともフェアでピースな世界づくりに貢献してほしいと心から願う。


 ちょうど3年前に、やっぱり多くのひとたちの希望の光としてボリビアのリーダーとなったエボ氏は、残念ながら、理想と現実のギャップを縮められず、どんどん失望の影を増やしているようで、昨年から各地で立て続けに起きてる狂気的な暴動や事件は正直見るに耐えないし、政治不安も経済不況もごまかしばかりでなんの解決の兆しも見られず、各セクターの不満は募るばかり。


 そして、今度の日曜日に全国で行われるボリビア新憲法の賛否を問う国民投票に向けて、またしても大統領派と反大統領派が大金を無駄使いしながら派手で過剰なキャンペーンを繰り広げていて、ボリビア国民たちはますます混乱している様子。


 外国人である私には投票権はないけれど、自分の住んでいる国の憲法について、「なんのこっちゃ、分からんワイ!」というのではあまりに無責任だと思ったので、町で無料で配られている新憲法の最終草案を手に入れて、辞書を片手にただいま熟読中の毎日なのである。
 うちの店の看板犬バルトくん(4歳半)は、私の愛情たっぷりの教育のおかげで、とってもスゥィートでインテリジェントな子に育ち、お店に来るお客さんには誰かれかまわず愛想を振りまき、勝手気ままに町に繰りだしては散歩と用足しをひとりでしてきてくれ、夜はアルトボイスの守衛犬としてお店でひとりでお留守番できる、なんともものわかりが良く、手のかからない、私の自慢の愛息子である。


 そんな賢犬バルトくんなのだけど、ある日、店のお留守番中に、うっかり店内で用を足してしまった。こんなことはほぼ初めてなので、きっとどうしても我慢できない事情があったのだろうと思う。それ自体はしょうがない。


 でも、だけど、何故、あぁ、バルトくん。なぜ、あえてその場所に?!


 ・・・なんとバルトくんは、何を思ったのか、床に無防備に放置されていた人畜無害な私のパソコン電源ケーブルにピンポイントでマーキングしていたのだった。


 そして、その結果、無惨にもアルカリ性の液体にさらされてしまった電源ケーブルは当然のごとく機能しなくなり、つまり私の有能だったパソコンは、一転して、バッテリー切れの無能な代物となってしまったワケである。


 そんなわけで、またしてもネット屋さんから足が遠退いている今日この頃。


 だって、なにしろ、ネット屋さんのパソコンでわざわざ日本語変換ホームページを使ってチビチビ日本語タイプするのって、それはもう、ものすっごくめんどくさい作業なのダ! そして、私はお世辞にもマメと言えるタイプの人間ではないのである。しかもそのズボラさは、年齢とともにますます・・・?




 ・・・あ、そういえば、ついに昨日、20代最後の歳を迎えてしまった。アーメン。
 あけましておめでとうございます。


 え~と。どうやら、去年の11月に取材のあった番組が日本で放送されてしまった様子で。

 番組名、「こんなところに日本人?」

 いやぁ、、、まさしく。ルレナバケを訪れる旅行者からよく発せられるセリフであります(笑)


 取材を受けておいて今さらなんだけど、なんだかやっぱり、自分のいないところで知ってる人たちや知らない人たちに自分が見られるというのは、どう考えてもどう転がってみても、いやそりゃ、恥ずかしいったらありゃしない、ってなわけで、あえて放送日を家族以外の誰にも知らせていなかったんだけど、やっぱりたまたま見ちゃった人たちがいて、いろいろメールなどいただきました。

 日本の古いつきあいの友人とか。ルレナバケで出会った旅人さんとか。全然知らない人とか。

・・・みなさん、わざわざありがとう。年明け早々、どうもお騒がせしました☆


 それにしても、自分ではどんな番組になってたのか見てないからあんまりコメントできないんだけど、ちょっと残念だったのは、取材日数の関係で、現地の自然や動物たち、あとうちでつきあうアルテサニア作家さんたちの活動現場をほとんど見てもらえなかったこと。

 ルレナバケまで来た千原せいじさんのお弟子さんが、

 「ボクらは、横浜や神戸の中華街まで来といて、『天下一品』とか『王将』で食べて帰るみたいなもんなんでしょうね」って言ってた。

 さすがは芸人さん、ウマイこと言うなぁ(笑)



 さておき。こちらは、おせちもお雑煮もないかわりに、たくさんの笑顔に囲まれて明るく楽しい新年を迎え、1月1日だけは丸一日お店をお休みさせてもらって、2日からは通常営業で、二日酔いの身体を奮いたたせているところであります。

 本当なら2、3日ゆっくり休みたいところだったけど、なにしろ、年末年始はありがたいことに国内の旅行者や帰郷者が多くて、うちで提供する現地の民芸品の需要が上がるので、あんまりのんびりお正月気分にひたってもいられないのです。



 2009年、できるだけ平和で優しい世界がつくられますように。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。