おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 もうなんだかまるで本当に私が遊んでばっかいるみたいで、こうしてブログに書くのもためらわれるのだけれど、じつはまたしても遠征目的は結婚式だったりする。


 ルレナバケーラパス18時間、ラパスーコチャバンバ7時間のバス旅はさすがに億劫に感じるけれど、協力隊時代からの縁で、私がボリビアの母と慕い、ラパスに上京するたびに、朝はおみそ汁と白いごはん、夜は酒と名のつくあらゆる種類のお飲物で接待してくれ、いや~もう、こんなところにいちいち書いちゃいられないくらいお世話になりまくっている某チエさまの待ちに待ったお披露目の宴とあらば、こんなおめでたくウキウキなイベントを逃すわけにはいかないのである。

 しかもコチャバンバと言えば、「食」!(有名なのは、肉料理ピケマッチョ。) そしてコチャバンバと言えば、「酒」!!(有名なのは、とうもろこしのお酒チチャ。) ボリビアのグルメの町コチャバンバで式を挙げられるなんて、あぁ、さすがは呑み隊長チエさま。。。感服、乾杯!


 ね、こんな楽しげな宴に行かない手はないでしょう?

スポンサーサイト

 火曜日、県全体のストライキがあって、またしても公的(強制的)Off Dayをいただいた私は、友だちの馬に乗せてもらってお散歩をして過ごしました。

Natsumi 019

 遊んでばっかで、ごめんなさい。

 ルレナバケにはいろんな人がいろんな夢を持ってやって来る。

 以前、日本から探検部に所属するという大学生たちがやって来て、インカ時代の隠れトンネルを探し求めて、この辺りのジャングルの中を探索していったことがあった。

 そして今度は、冒険部(余談:探検部と冒険部というのはバスケとサッカーほど違うものらしい)に所属するという大学生の男の子が日本からはるばるやって来て、ルレナバケからブラジル国境近くのリベラルタという町まで約450キロつづくベニ川(アマゾン川源流のひとつ)を、カヌーで漕いで下ることに挑戦するという。

 アマゾンの神秘は、多くの人を魅了する力を持っているのである。


 ボリビアでは国民投票や選挙の投票日はみんな休業を義務づけられているので、店が開けられないうえ投票権もない私は、不謹慎ながら、この公的にオフな一日をいかにのんびり楽しく過ごすかということを友だちと前々から相談し、結局、前日の夕方から友だちの出来立てホヤホヤのカヌーで魚釣りに出かけることになった。

 総勢10名の友だちグループでカヌーに乗ってベニ川を下り、町からそう離れていない小さな島に舟を着け、そこで焚き火をしながら、みな自由に魚を釣ったり、お酒を飲んだり、釣った魚を(私は釣れなかったけど)火であぶって食べたり、焚き火のまわりで寝そべったり。ルレナバケの町でも充分夜空がきれいなんだけど、町の灯りから離れるともう星空が半端なく豪勢で、流れ星なんかもあっちやこっちやと流れたい放題で、なんとも贅沢な一夜となった。

 翌日は夜明けとともにテンション高く活動する連中に無理矢理起こされ、ふたたびカヌーに乗って、より下流の別の川辺に上陸し、各々自由気ままに魚釣りに熱中したり、川で水浴びしたり、二日酔いで昼寝してたり(え、私?!)。

 昼前になるとさすがに日差しが強くなってきて、寝不足も兼ねて(お酒不足で酔いも醒めて?)みんなテンションが落ちてきたので、カヌーに乗ってルレナバケの町まで帰郷する。私以外はみんなボリビア人なので、ちゃんと投票しに行くよう背中を押して、家に帰るとシャワーを浴びてベッドに倒れ込んだ。


 さてさて、そんなわけで私が久々にアウトドアな休日を楽しんだその日、ボリビアでは大統領と9県の県知事の信任・不信任を賭けた国民投票が行われ、「ナニが出るかな、ナニが出るかな」とみんなオリンピック中継の合間に決戦結果が出るのを待ち構えていたわけなのだけど、そうしていざ出た結果が、エボ大統領60%の票を得て続投、エボ反対派の知事たちもそれぞれ続投が決定。2県で不信任票が勝ったものの、なんだかパッとしない結果に終わったのだった。

 結局エボ派とエボ反対派の勝敗は決まらず、かといってこれで両派が手を結んでお互い妥協点を探して前進しよう、なんて方向に進みそうもない。唯一はっきりしてるのは、一連の国民投票イベントが時間と税金の無駄遣いに終わったということだ。ハァ~。思わず、ため息。


 ラパスで駆け足で用事を済まし、千鳥足で結婚式をこなし(oops!)、ルレナバケに帰ってきたその日がボリビア独立記念日の前夜祭で、疲れきった身体を奮い立たせて祭りに挑む、アホな私。。。


 さて、パソコンが手に入ってブログやメールを日本語で簡単に打てるようになったのはいいんだけど、なんとしたことか、ここ3ヶ月分の仕事が山積みではないですか! ノートに書き付けてある商品納品&販売数や金額の打ち込み作業、在庫管理作業、会計作業、etc. あぁ、考えただけで気が遠くなって、もう適当でいっかニャ~・・・なんてついつい「ぐうたらボリビア人」的な性格がでてきてしまう。パソコンがある生活がありがたいんだか、恨めしいんだか。


 ところで、大統領と全県知事の賛否を問う国民投票が行われる決戦の日が近づいている。8月10日。この日に向けて、ここ数ヶ月というもの、ボリビア各地で大統領賛成派と反対派の派手なキャンペーン活動が行われていたんだけど、最後の数日とあって、両派ますます激しい応戦をテレビで繰り広げている。両極端な二方の互いのアラ探し合戦は、私を含めた大衆を混乱させるのに成功している様子で、それ以後どうなることやら不安いっぱいの情勢だ。


 そんなこの頃。とりあえず、私は今日も元気です。

 珍しく、バスが途中でトラブルことなく、朝の6時前にラパスに到着。

 それにしても、8月のラパスの朝方は、ジャングルっ子な私にとっては気を失いそうなほど寒い。

 今回のラパス出張の内容は、ヒッピーパンツやアクセサリーづくりに必要な部品などの買出し、ルレナバケTシャツの追加注文、新しく作ろうとしてるルレナバケスティッカ-の見積もり、先月からささやかな取引が成立した民芸品屋さんの訪問、それに、結局私の能力では回復の見込みがなく哀れにも息だえたままのMyパソコンの身替わりとして日本からはるばる届けられた妹のお古のパソコンの受け取り、などなど。


 まぁ、というのはじつは全部ついでで、今回の一番の上京目的は、土曜日に開かれるボリビア人の友達の結婚式なのダ! あらん、楽しみ♪ そんなわけで、明日は久しぶりに美容院に行ってみよう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。