おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 毎度、日本に帰ってくると、一ヶ月しかないのに、やりたいことはたくさんあるのに、どうも帰ってしばらくは、なかなか自分にエンジンがかからない。ボリビアののんびりペースからリズムを切り替えられなくて。

 とりあえず、トランク詰め詰めに持ってかえってきた商品を眺めて、一瞬、途方にくれ、それからなんとか自分を励ましつつ、のーんびりと袋詰めやタグ付け、在庫数の確認作業などなど実家の床に商品広げまくって内職してみるものの、せーっかくこうして長旅で地球の裏から商品たちを持ち帰ってみても、私が外に出していかなきゃ、かわいい我が子たち(商品ネ)は誰の手にも渡っていかないわけで。いつものことながら、滞在期間の後半になって、「あら~もう日がないワ!」と慌ててみる。。。あぁ、学習しない、私。

 そんなわけで、今年もギリギリの日程になってから、ようやくいくつかのお店を駆け足でまわることに。

 去年にひきつづき、快く商品を引き取っていただけた、天神橋のアチャさん、難波のヌチグスイさん、神戸のみみずく舎さん、岡本のリエゾンさん、京都のシサム工房さんに大感謝!

 それにしても、フェアトレードのお店をやってる人たちには、ほんわ~か優しい人が多くて、お話するだけでとーっても癒される。うちの商品は作り手が何人もいるうえ、全部手づくりなので、ひとつひとつがオリジナル、一点ものなわけで、同じ商品でも色や形、大きさなどが微妙に違った商品たちを、店長さんたちは、ひとつひとつ手にとって丁寧に見て、気に入ったものを選んでくれる。なんだか、嬉しいなぁ。ほのぼの。。。

 こっから、どういう道のりを辿って、どこの誰に貰われていくのかは私には分からないけど、「素敵な人に見初められて、旅立っていくんだよ」と我が子たちにつぶやいてみる。
スポンサーサイト
 4月29日、箕面でボリビアとキューバの報告会があります。

 ボリビアとキューバの繋がりと言えば、チェ・ゲバラ?って感じですが、ゲバラの会ではないです。(ゲバラはキューバ革命の指導者のひとり、ボリビアで最期を迎えた。)

 たまたまボリビアに住んでる私と、つい最近キューバに行かれた方とで、地球の裏側での暮らしや活動をお伝えしよう、ということなので、いろんな人が来てくれたらいいなぁ、と思います。このミニイベントを企画・主催してる人たちもおもしろい人たちばかりなので、きっと楽しい会になります。お気軽にお越しください♪

日時:4月29日  場所:みのお市民活動センター多目的室
参加費:200円  報告者:松木亮、河田菜摘
連絡先:市民のひろば 072-720-2962
 親孝行ドライブついでに、淡路島でナルトの渦巻きを眺めました。

 こんぴらさん歌舞伎見に行ったついでに、エビ蔵さんを探してみました。
 (出会えず。)

 龍馬の生家を訪れたついでに、土佐鰹と鯨と讃岐うどんを食べました。

 ブラジル大使館にビザ申請に出かけたついでに、名古屋城で花見して、きしめんを
食べました。


 あらら、まるで遊んで(食って)ばっか!

 ・・・えーと。
 いやまぁ、ぼちぼち自宅の商品在庫確認作業なんかもやっております♪
 春だ~♪と思って帰ってみたら、木枯らし吹く寒さでショックだったんだけど、だいぶあったかくなってきた。どこ行っても、桜がめちゃきれい!箕面も満開!大阪百選!

 さてさて。一度も日本で使ってない二輪免許の更新に行ったり、現地の友だちに頼まれたものを買い出しに行ったり、首を長くして待ってるぢぃちゃんばあちゃんを訪ねたり、歯医者さん行ってまとめ治療してもらったり、一週間ですでに1キロ以上増えてる(!)ほど惜しみなく我が家のグルメを堪能したり。そんな平和な毎日なのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。