おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ふぇりす・あにょ・ぬえぼー」
 Feliz Ano Nuevo = スペイン語の新年の挨拶。

 ひらがなで書くと、ちょっと韓国語っぽいかも。。。


 え~最近、すっかりブログ更新のサボりグセがついてきてるけど、今年もぼちぼち続けようと思います。

          ☆           ☆           ☆


 ところで、年末にはたくさんの生産者たちが毎日店に顔を出し、それぞれ手作り商品たちを卸していった。しばらく顔を出してなかったご無沙汰の生産者たちまでが続けざまにたくさん訪れ、雨季で店の売り上げの下がる時期にこうして多くの商品を買い取るのは店主側にしてみればちょっと痛い行為ではあるんだけど、クリスマスや年末年始とイベントごとがつづく日々に、生産者のみんなとその家族たちがみじめな思いをせず、普段よりちょっと特別な気持ちで充実した時間を過ごせるよう、店に持ち込まれる商品たちは出来る限り引き取った。

 12月31日の夜は、気の置ける友人たちと一緒に片手にシャンパン、片手に花火でカウントダウンして新しい年を迎える。その後はお決まりの飲めや踊れや・・・。


 1月1日はお店を休業して、昼までゆっくり寝て(というか寝たのが朝の7時だし)、午後は友だちとプールでゆっくり、片手にビール瓶持って寝そべる。あら~シアワセ♪


 1月2日は、酔っぱらい浮かれモードから気持ち入れ替え、2008年初営業。午前中は滝のような雨が降って、人の入りはなかったんだけど、昼過ぎには天気も晴れて、ルレナバケで年越しをした国内旅行者たちが家族や友だちへのお土産を探しに店をのぞきにきてくれた。


 そーんな年末年始を過ごし、気持ち新たに今年もぼちぼち頑張ろうと思います。

 世界各地のみなさん、2008年もよろしく☆

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。