おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 1912年生まれの小野寿さんは、23歳の時に外務省派遣の商業実習生として初めてボリビアに渡り、その後日系二世の女性と結婚、事業独立、会社倒産、戦争中の田舎での隠れ暮らし、等々、さまざまな体験を経て、ジャングルに近い町に移り住み、ルレナバケの川向かいの町サンブエナベントゥーラの郊外の山奥で農業をしながら数十年を過ごした。

 そんな小野さんが、先日、95歳の人生を終え、眠りにつかれた。70年以上の日々を喜びも苦みも存分に味わったボリビアの土地で。


 近年の小野さんにはひとつの夢があった。それは、自分のジャングルでの暮らしで得たさまざまな珍体験と、ジャングルで暮らすようになってから強く持つようになった神への信仰心などをモチーフにした小説を書くことだった。ここ数年で視力がだいぶ落ち、自分で字の読み書きをするのが難しくなっていた小野さんがテープレコーダーにストーリーを吹き込み、それをテープ起こししてパソコンに打ち込むのを私がお手伝いすることになっていた。一ヶ月ほど前に会ったときには、小野さんは、「テープに吹き込む前に、ストーリーの構成と展開を考えて、孫に手伝ってもらいながらノートに書き込んでいるから、それができたら一度目を通してほしい」と話されていたところだった。

 突然異変を起こして病院に運ばれてからも、側についていた次男の奥さんに「小説を書きたい、死ぬ前に書き終えなければ」と何度も漏らしていたと言う。

 みんなの目が届く所に住んでくれという友人や家族の声を聞かず、最後までジャングルの中の小さな家にひとりで住み、近年はヤマイモづくりに熱中し、小野さんを訪れる日本人たちをいつも快く迎えて、つきない経験談や夢を語った小野さんは、誰よりも生きる活力で満ちあふれていた。だからこそ、突然の悲しい知らせに驚き、後悔せずにはいられない。

 小野さんの最後の夢を遂げさせてあげることができなかった。


 小野さんのお通夜と埋葬式の日は二日とも細かい雨が降り続けた。そんななか、小野さんの息子さんから曾孫さんまでの三世代のご家族の方たち、そして日系人もボリビア人も、小野さんと親しかった人たち、小野さんにかつてたくさんお世話になったであろう人たちなど多くの人々が、小野さんとの最期のお別れに訪れた。みんなに見守られる中、小野さんは生前の希望通り、サンブエナベントゥーラの墓地の奥さんと同じお墓に埋葬された。
スポンサーサイト


 何週間ぶりかによどんでいたスモークが動いた。ずっと何日もムァッと暑くて煙たい日が続いていて、みんなの不安と不満がそろそろ限界に近づいていた昨日の午後、突然すごい風が吹き荒らし、砂ぼこりや枯れ葉や道ばたのゴミが町中を踊り、山の方から暗い空が近づいてきたかと思うと、ついに恵みの雨が降った。みんなが心待ちにしていた雨!降れ、降れ、もっと降れ、雨!

 そんな恵みの雨は、みんなが期待していたほど長くは続かなかったけど、この一瞬のスコールのおかげで今、久々に澄んだ空気がある。青空こそ見えないけど、空の感じが昨日のそれとは絶対違う。暑さもだいぶマシになった。こんなに心地いい日は本当に久しぶりな気がする。

 でも焼き畑はまだ全国で続いているから、こんな心地いい天気も長くは続かないだろうな。またすぐにスモークが流れてきて、暑くて煙たい日がしばらくは続くんだろうな。

 全国ニュースによると、あと二週間は焼き畑によるスモークが続くとか。それにこの辺はまだマシな方で、ボリビア東部と南部はここより人口が多いだけに焼き畑の影響がよりひどいらしい。山火事が起きてる地域もあり、今年始めの洪水の災害に続いて、今度は火と煙によって動物や植物たちがどんどん殺されていってる。明らかに天災じゃなくて人災なんだからなんとかならないものかと思うけど、ボリビア政府は他国からの経済的な災害救援を求めるだけで、人災を防ぐ方向には動いてないように思える。


 地球上に数少なく残された本物の自然を求めて世界中から多くの人が訪れるボリビアのアマゾンだけど、ここの自然もこのままじゃそう長くは続かないんじゃないだろうかって不安になってしまうこの頃だ。

 開店二周年! パチパチパチ♪

 二年前にお店を開けた頃は、商品の数は少なくディスプレイ空間が隙間だらけで、お店というよりは民芸品マニアの個人宅のような感じだったけど、少しずつ付き合う生産者や商品の数も増えて、去年からは表通りで堂々と(?)店を構えられるようになった。今では商品が店中に溢れるほど並べてあって、店のスペースが小さすぎるくらい。

 付き合う生産者の数も増えて、お店に来てくれるお客さんの数も増えて、毎日たくさんの出会いや違ったストーリーがある。本当はもっともっとお店ホームページに書き加えたいこともいっぱいあるし、ブログにもそういった小さな出会いやストーリーをもっとコマメに書けたらいいんだけど、どうもここにいると根っからの怠け癖が助長されてしまって、思うように頑張れてないなぁ。。。

 まぁ、そんなのんびりな私ですが、3年目も生産者ともども成長を目指したいと思います☆
 毎年、春先のこの時期になると全国各地の農家が焼き畑をするので、目に見えて空気が悪くなる。日中は太陽が出ていてもいつもスモークで青空は見えないし、夜は普段なら天の川も南十字星もくっきりはっきり見える空に星ひとつ見えない。太陽は真っ赤、月はオレンジ色をしてみせる。なんだか不気味だ。

 それにしても、今年は例年よりこの焼き畑スモークがひどい。今年は乾季に入ってからほとんど雨が降ってないことも関係しているとか。空気は乾燥していて、風がない。スモークはいつまでもよどんでいて、もう丸々一週間もボリビア全国の飛行機国内線が飛んでない。雨が降るか、強い風が吹くまで、復旧の見込みなしだとか。

 どう考えたって、このスモーク、環境にも人体にも悪い。鼻炎を訴える人、ノドの痛みを訴える人、目や肌の乾燥を訴える人、頭痛を訴える人、etc。

 この焼き畑、伝統的に地元の人たちが行ってきたやり方なんだろうけど、その影響が昔より広がっているのは、人口の増加、農産物生産量の増加、森林ゾーンの減少なんかが考えられるんだろうな。これに対して、政府はまだなんの処置も取ってないないみたいなんだけど、いくら地域の伝統的な方法とは言え、以前とは暮らしのシステムが変わってきている今、このまま焼き畑を続けていくのはまずいだろう。焼き畑をしないエコな農業法を普及させようと活動するNGOなんかもあるけど、新しい物や違った考え方を受け入れるのが苦手なボリビア人がこれを受け入れられるようになるのはいつになるやら。

 そんな焼き畑スモークの日が、まだここ一ヶ月ほど続く感じ。あぁ、昼の晴れ渡った青空と夜の澄んだ星空が恋しいなぁ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。