おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。



 先週末から今週にかけてボリビア最大のお祭りカーニバルがあった。水かけ合戦や飲みに踊りに、毎年恒例のイベント。・・・ところが、今年のボリビアにはそんな重要イベントを素直に喜べない現状があった。

 というのは、エル・ニーニョ現象のせいで、今年の始めからボリビア南部で尋常でない大雨が続いていて、コチャバンバーサンタクルス間(ふたつの大都市間)の幹線道路が崩れ落ちたり、各地の集落が水で覆われたり、と国内あちこちで大きな洪水被害が出ていて、ニュースによるとこれまでで68000家族が被害を受けているらしい。先週からはベニ県における被害が日々拡大していて、私が12月に3日3晩かけて旅したルレナバケートリニダ間(乾季は12時間で着く距離)の道路は、2月の始めから水で埋まって完全封鎖されているし、空から録った映像を見ると、ジャングルが湖のようになっていて、ところどころに緑の島が浮かんでいるように見える。この辺りはサンタクルスに比べて人口が少ないから人的被害こそ少ないものの、家畜が盛んな場所なだけに、広範囲に広がる牧場が水に浸かって何十万頭という家畜たちが洪水被害から逃げ切れなかったり飢え死にしたりしている。テレビに映る各地の現状を目にすると、とても胸が痛む。

 ちなみに、ボリビアのエボ大統領は、この国内の大惨事に被害地域を訪れるかわりに、ボリビア高地のオルローのカーニバル(世界三大カーニバルのひとつ)で踊っていたようで、被害地域の人々からは非難轟々だ。

 私の住むルレナバケは、ベニ県だけれどラパス県との境界にあって、むしろ今年はこれまでのところ雨が少なかったくらいなんだけど、このごろだんだんと雲行きが怪しくなってきていて、カーニバルの頃から雨が降り出している。ニュースによると、今年の雨季は3月中旬まで続くらしい。。。ヘビーだ。


 雨季が終っても、失った家畜や農産物、家屋は返ってこない。現在、各国からのさまざまな緊急援助を受けてはいるものの、今の状態から人々が再起するのにはよりいっそうの協力と時間が必要だと思う。



 最近、店でヒマなとき(雨季は閑散期なので、とってもヒマ!)、テレビでドラマをよく見る。都市のようにケーブルテレビがあるわけではないので、ここで見られるチャンネルは4つしかなく、ヒマなときにテレビをつけても、たいして番組の選択肢はない。そんなワケで、なんとなしにドラマを見ながら気がついたのだけど、最近、ドラマがおもしろい。


 といっても、別にドラマの質が前より良くなったわけではない。ドラマ、ではなく、私、が変わったのだ。


 映画はアクションが多く展開も早いので、スペイン語(もしくは英語)の会話を全部聴き取れなくても、見ていて内容がそこそこ分かるけど、ドラマは会話ばかりで、さらにこっちのドラマは日本のように週一ではなく、月曜から金曜まで毎日同じドラマが半年くらい続く長編なので、登場人物がとても多く、ダラダラとしたストーリー展開が続き、会話が聴き取れないと何のことだかさっぱり分からなくてつまらない。と感じてたもんで、以前は、あまり積極的にドラマに興味を示したことがなかったのだけど、ふと気がつくとドラマの会話がほとんど聴き取れるようになっている。すごいやん、私!成長してる! と、ちょっと調子に乗ってみたり。


 ところで、ここでやってるドラマにボリビア産のものはなく、主にメキシコ産とブラジル産(スペイン語吹き替え)のドラマ、その他、コロンビア、アルゼンチン産のドラマなどが放映される。なので、方言やら言い回しがいろいろ違って、これがまた聴き取れるようになるとおもしろいし、じつは結構、勉強にもなる。


 ちなみに今見てるのは、ブラジルの奴隷制があった頃の時代もので、奴隷のかわいい女の子が家の主の嫌がらせに耐えながら奴隷制廃止活動をする好青年と恋に落ちるってやつ。なかなかストーリーが展開しなくてイライラするけど、その頃の時代背景とかも分かるいいドラマだ。


 そんなワケで、内容が分かるようになると、ついついハマってしまって毎日見てしまってる私。なかなか展開しない長編ドラマを見続けるヒマと根気がある人にはオススメな語学学習法☆


 年末年始に溢れかえってた観光客たちが町からいなくなって、お店がとってもヒマになってしまったので、一日お店を閉めて、ターザンツアー(仮称)に行ってきた。


 このツアーは去年新しくできたプログラムで、ルレナバケの町から船で10分ほど上ったところにあるジャングルを一時間弱歩いた山の上で木から木へとひかれてるケーブルにぶら下がって、ターザンのように木から木へと空中を飛び移る?というか、滑り移る?もの。うーん、なんかうまく言葉で説明できないけど。

 とにかく、これがとっても楽しい。地面から遥か高い空中、ジャングルの上というか中というか、をケーブルにぶらさがって「ア~ァ~」とかって叫びながら、次の木へと飛び移っていく。

 高いし。スピード出るし。大自然だし。いや~、なんとも言えない気持ちよさ。アドレナリン出まくり。


 ジャングルの中での散策では、集落出身のガイドが植物や動物・昆虫の紹介、説明をしてくれる。そんなルレナバケの新たなエンターテイメント。自然を壊すんでなく、自然と親しむためのエコなプログラムだと思う。


 詳しくは、www.boliviamistica.com