おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ルレナバケには2タイプの外国人がいる。


 ひとつめはもちろん観光客。もっと細かく分類するとしたら、その多くは世間でバッグパッカーと呼ばれる世界各国の旅人たち。日本人は少ないけどね。私が思うに、日本人は一般的にジャングルやサバナとかの「自然」よりも遺跡とか古都とかの「文化」の方が好きなんじゃないかな。だからペルーのマチュピチュとかナスカには日本人がいっぱい。大自然に惹かれてやってくるのは、ヨーロッパ人、オーストラリア・ニュージーランド人、それにイスラエル人だ。


 んで、もうひとつのタイプの外国人はというと、自分の生まれ育った国や長く暮らしてきた国での生活に疲れたり嫌気がさしたりして、より暮らしやすい土地を探して移住してくる人たち。多いのは50代とか60代とか。こんな小さな町なのに、ドイツ人やらスイス人やらイタリア人やら多国籍だ。マイナーなところでは、イスラエル人や韓国人も。


 その中で驚きなのが北米人の中年移民の多さ。なんで驚きかって言うと、アメリカ人の若者旅行者はヨーロッパ人に比べて圧倒的に少なく、つまり私の勝手な分析によると、アメリカ人は滅多に外国に旅行に出ない。「オープンなアメリカ人」のイメージとはじつは反対の保守的なアメリカ人たち。ところが、サラリーマンとしてたっぷり蓄えを貯めた身体もふところもふくよかな中年過ぎのアメリカ人おじさまたちは、第二の人生というか老後のパラダイスを海外に探し求めてやってくるケースが多いみたい。


 ボリビアは物価も安いし、ルレナバケは年中常夏で気候も人ものんびりしてるし、スペイン語の話せない外国人旅行者も多いから言葉が出来なくても町の人たちは驚かないし、こんな町に土地でも買って残りの人生をのんびりと過ごそうではないか、というワケだ。


 おもしろいね、アメリカ人。アメリカ人よりさらに保守的な日本人は、きっと、言葉の出来ない国にその年で移住しようとはなかなか思わないんじゃないかなぁ。


 ところで、実は今、そんな極楽アメリカ人のひとりであるおじちゃんの家に居候してる。おじちゃんは普段、道ばたでオリジナルのバナナケーキを売って生活してて、これが観光客の間で口コミで流行ってなかなか盛況して、なんとも楽しげな老後生活を送ってるんだけど、正月明けから自分の成人の子どもたちを訪ねに久々にアメリカに帰国していて、その間数ヶ月の家の留守番を頼まれたのだ。


 そんなワケで、アメリカ人が選ぶ「老後に暮らしたい土地」で、大きな家で犬と猫とよく歌うオウムたちとたくさんの木や花に囲まれて、のんびり快適な日々を過ごすこのごろの私。
スポンサーサイト


 すっかりネットの存在忘れてました。。。 元気です。生きてます(笑)。


      ☆        ☆        ☆



 先日、恐ろしいことにまた一つ歳が増えた。


 この時期って雨季で観光客が減って、めっきり収入源に乏しい季節なのに、11月末の卒業式シリーズに始まり、クリスマス、正月、ルレナバケ記念祭(2月2日)、カーニバル(2月半ば)、と祝い事やイベントが盛りだくさんで、大変。

 そんなわけで、今年は地味に誕生日を過ごそうと思ってたんだけど、友だちがお馴染みモスキート・バーに集まってくれて、前日の夜にサプライジング・パーティーを開いてくれた。夜の12時に激甘(!)バースデーケーキを食べたあと、まぁ飲んで踊って・・・は、いつも通りなんだけど、なぜか夜中から突然ビンゴ大会になった。オーナーが子ども用に買ったビンゴセットを持ち出して、みんなで小銭賭けてビンゴに熱中。これが思った以上にハマる。賭ける金額は50c(10円以下)でたいした事ないけど、人数が多いから勝つと多少の小銭にはなるワケで、これが以外なほどの効果を生み、みんなかなり本気にゲームの勝敗に一喜一憂してた。

 そんなビンゴのおかげで、飲みながら朝を迎えたけど、ひどく酔っぱらうことも二日酔いになることもなく、気分良く誕生日の一日を過ごす事ができた。


 ・・・といいつつ、その3日後、友だちの誕生日にバーベキューして、しっかりワインを飲みすぎて酔っぱらい、ようやく二日酔いと睡眠不足から立ち直ったこの頃だったりもする。。。(歳が増えても懲りてない!)


 いつものことながら、ここのとこ年末年始のフィエスタ三昧で、すっかりネットから遠ざかっておりました☆

 ボリビアで迎える4回目のお正月。今年は、協力隊の同期で現在ラパスで活躍中の友だちが、年末年始を一緒に盛り上がるためにルレナバケを訪れてくれた。ルレナバケというと、観光地の目玉はパンパスとジャングルツアーなんだけど、協力隊当時から酒飲み隊員であった彼女はそんな一般観光客向けの目玉には目もくれず(笑)、昼も夜もひたすら飲んで飲んで飲みまくって、素敵な4日間を過ごして帰って行ったのだった。


 そんな楽しい年末年始休暇も終わり、ようやく町が日常に戻りつつある。ルレナバケはこの時期、国内観光客で溢れていて、みんなちょっと普段より気持ち太っ腹になってるから、お土産屋さんもそこそこ繁盛する。なので、眠い目と荒れる胃をこすりながら、正月ボケからさっさと立ち直って、お店を開ける。ここ数日アホみたく飲んだ分、ちょっとは肝臓休ませて、自分が働かないとネ♪



 2007年が地球上の各地に暮らす人たちにとって、より素敵な一年になりますように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。