おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。



 最近発覚した恐るべき事実なんだけど、この店にはかの有名な黒い毛にまとわれた毒グモのタランチュラの一家が住んでいる。


 あれはちょうど、雨季が始まったかな~っていう10月の半ば頃。最初に現れた一匹は、今まで私が見たタランチュラの中で記録を作るバカでかい奴(直径10cmくらいかな?)で、トイレの角っこに張り付いてるのを目にしたときは、鳥肌が立って声も出せなかった。


 それからしばらくして二匹目。前回の半分くらいの大きさ。でもやっぱりビビる。そして、その二匹目に出くわした日を境に週に一度のペースで出現するタランチュラたち。この一ヶ月で5匹という画期的な数!


 一匹目に比べると、みんな小さめなんで、どうもこれは追い出した一匹目がパパで、そのあとそのジュニアたちが続々と現れていると推測される。ってか、どうでもいいけど、そんなことは。



 知ってた? タランチュラはね、ゴキブリを食べてくれるんだって。それにこっちから攻撃しかけない限り、別に危害はないんだって☆


 って、いやいや。そんなこと言われても! あの毛深い真っ黒な太い8本の足! いや、無理でしょう! 同居は! 誰かどうにかしてくれ!



 ・・とは思うんだけど、まだこの先雨季は続くし、原因は隣のレストランに住みつくゴキブリのせいらしく、いい対処方法はいまだ見つからないまま。そのうちあの毛の生えたクモに鳥肌が立たなくなる日がくるだろうか。ってか、私、そこまでたくましくなっちゃってどうするんだろう?(笑)



 えーと。世界の珍しい昆虫に興味がある方、ぜひルレナバケにお越しください♪ 私の変わった同居人たちをご紹介いたします☆

 年末の財布が寂しくなる時期が来てしまった。


 昨日から来週末にかけて、毎日各学校の卒業式が行われる。平日も週末も関係なく、毎晩、その卒業生たちの豪勢なパーティー三昧だ。ちっちゃな町なので、学生さんたちやその親戚・友だちなど顔見知りから次々と招待状が届いてしまい・・・、相も変わらず「Noと言えない日本人」な私は、毎日寝不足な日々が続く。


 いくらフィエスタ好きでも、こんだけ続くと、お酒も踊りももうお腹いっぱいって気分。おまけに贈り物やお酒への出費で、自分の体重増加に反比例してお財布がますます軽くなってるし(泣)。


 そういや、一昨年はこの卒業パーティーに5日連続で出席した結果、謀ったかのように次の日デング熱にかかってしまい、まわりのみんなにはどうせただの二日酔い(それを言うなら二日酔いどころか五日酔いだ!)だろうと思われて、あんまり可哀想がられなくて、なんとなく寝込み損をしたことを思い出す。


 12月まで続く卒業シーズンのあとは、クリスマスやお正月が待ってるしネ。今年は張り切りすぎて寝込まないようにしよう。お財布のヒモも固めにしめよう。
 今までのHPをお店の情報メインに大きく変えよう、と思い始めてから、気がつくともう数ヶ月。

 えーと。まったく自慢にはならないけど、ITには強くないんです。なんてったって、電気が24時間あるなんて常識が通用しないアマゾン暮らしですから☆


 そもそも、こんなにハイテク文明から遠い土地で慣れないホームページ作りを始めたのは、スポンサーのないジャングル生活に地球の裏側の親や友だちが心配しないように、ルレナバケの様子を伝えるためだった。んでもって、個人個人にメールを送るよりラクというズボラな理由でブログも作って、マメとはとても言えないものの奇跡的に公開日記を続けていたりする。


 でも、お店を始めて一年が早くも経ち、活動内容が未定の頃に作ったHPが、いろいろお店の情報とか付け足してるうちになんとなく扱いにくくなってきたので、なんとかしたいなぁ~、とぼんやり思っていたところ、5月に日本に帰国した際にたまたま知り合った協力隊OBの方からHP改善協力のオファーをいただき、お店ページとルレナバケページを分けてデザインなどすっきり手直ししてもらうことに! なんて素敵! 

 と、そこまではいいんだけど、せっかくだからお店ページのスペイン語版、英語版も作ろう!と軽い気持ちで欲を出したら、思った以上に大変めんどくさいことになってしまい、ヒマを見て気が向くままにぼちぼちやってると、気がつくともう半年近く立っちゃってるじゃないっすか! あらあら。


 というワケで、改めまして、ご報告。


 新ホームページを開設しました☆ ルレナバケ情報を載っけたページMonito Bonitoは、デザインをいじってもらった程度で内容はほぼ変えてませんが、お店のページは生産者紹介など、ちょこっとだけ内容を以前より充実させてみたので、よかったら一度見てみてくださいナ。


  ☆ボリビアアマゾンの自然民芸品の店La CambitaのHP
   http://cambita.web.fc2.com/

  ☆Monito Bonitoルレナバケ情報HP
   http://cambita.web.fc2.com/monito_bonito/index.htm




 最後に、このたび、HPのデザイン改善などに協力いただき、とってもお世話になった協力隊OBのHeaven’s NetさんのHPを紹介します。

 ☆ こちら→ http://heavensnet.do.ai/


 学生の頃から旅が好きだった。旅の魅力はいろいろあるけど、私にとって一番のツボは、旅先での人との出会い。現地に暮らす人や旅する人。行く先々で、いろんな経験や考えを持ったおもしろい人たちに出会える。


 ここルレナバケでの暮らしの魅力のひとつもソレ。このジャングルの入り口の小さな町では、旅してるワケじゃないのに、日々いろんな土地から来るいろんな世代のおもしろい人たちに出会えてしまう。仕事で来る人、観光で来る人。ボリビア人、南米人、欧米人、日本人、その他の土地から来る人たち。多くの人たちは一時的にここに来てまたどっかに行ってしまうんだけど、そんな一期一会が、とっても楽しい。


 つい最近も、またおもしろい人に出会った。バイクで世界中をもうかれこれ4年以上も旅してるっていう日本人の女性。バイクで旅してる欧米人には何度か知り合ったことがあるけど、日本人でしかも女の人ってのは、初めてだ。すごい!かっこいい!相当惚れる!


 最近始まった雨期でグチョグチョになった粘土質の凸凹道をひとりバイクで駆けて来たマキコさんとこんな辺鄙な町で知り合えた偶然をおもしろく思いながら、ビールで乾杯(やっぱり?)。ボリビア人にはハゲてる人が少ない、とか、こっちの先住民もモンゴル系なら蒙古斑はあるのか、とか、アホな話で盛り上がったり、「テクノロジーを知らない人」と「テクノロジーを知ってしまったために、それがないと生きて行けなくなってしまった人」とどっちが幸せ、どっちが不幸せ?なんてことをマジメに語り合ってみたり。このあと北上を目指す彼女は、二日ほど晴れ上がった機をねらって、早々と旅立ってしまったけど、いや~、おもしろい人だったナ。
 


 うっかりお店を開いちゃった私は、なかなか長期の旅に出られなくなっちゃったこの頃だけど、いろんな人と出会う毎日の中で、改めてこの町は好きだなぁ~、とよく思う。そして、ルレナバケにいようとどこにいようと、これからも毎日旅してる気分で過ごせたら、素敵な人生だなと思う。っちゅーワケで、旅人バンザイ!