おサル気まぐれ日記 ~ルレナバケから世界へ~

南米ボリビアのアマゾンールレナバケで暮らすおサルな私が、ジャングルの自然素材を使ってルレナバケの人たちが生み出した手づくり雑貨の店を経営しながら、気まぐれに日々の出来事や思いをつづり、ジャングルの香りをお届けします。

 なんだか毎日、毎日、メチャうまいモン食べて、うまいモン飲んで、こんな贅沢していいんかなぁ・・・。とってもシアワセ♪


 昨日の夜は久々に外出する予定がなかったので、隣に住んでるおばあちゃんと近所のお寿司屋さんに行った。住宅街の中にあるちっちゃい所で、顔馴染みのお客さんしかいかないみたいで、うちのおばあちゃんもお馴染みさんのとこ。


 それにしても、うちのおばあちゃんは若い。

 見た目も若いけど、気も若い。


 おかみさんに「お茶?」って聞かれて、「いや、生2つ」って迷わず言えるところがかっこいいし、おもしろい。


 「お孫さんと一緒にお酒飲めるなんて、えぇなぁ? おかあさん、若いワー♪」

 なんておかみさんに言われたら、ますます気分がよくなったらしく、おばあちゃん、喋る喋る(笑)。カウンターにいたお得意客らしいオッチャンたちともなぜかすっかり仲良くなって、若さの秘密は60歳から始めた卓球だ、なんて話に花が咲いたり。


 いくつになっても好きなことやってる素敵な老後。いんじゃないスか?
 昨日、パパさんとママさんが旅行に出た。
(パパさんの海外出張に有閑マダムのママさんが付き添い観光。素敵☆)


 私は、残りの家族(デカ犬一匹、美人猫二匹)とお留守番。


 今日、ボビィくんのお散歩に行ってみた。

 なんせ46kgの巨体なんで、本気出されたらかなり困っちゃうんだけど、もうオジイチャンなので、昔ほど引っ張ることもなく、なんとか近所ひと回りを達成。


 それでふと思ったんだけど、最近の日本って前ほど犬がいない?

 いや、ボリビアが多すぎるのか? 確かに私が住んでる村では、人より犬のが多いんでは?ってのは言い過ぎだとしても、かなり犬の数が多い。日本のように綱をつないで散歩するという習慣がないので、犬たちは勝手にその辺を歩いていて、知らない人が見たら野良犬か飼い犬かが分からなかったりもする。犬も人も、日本より自由に生きてる?とか思ってしまう。

 でもなんとなく、ちょっと前は日本の町ももっと町に犬(飼い犬)が多かった気がする。その頃はうちのボビィくんも若くて血の気が多かったから、散歩のときにヨソの犬とぶつからないようにするのが大変だったもんな。


 あと、近所なのに知らない家が増えてて、びっくり。十数年も住んでた町なのに、一瞬、知らない町歩いてるみたいな気分になっちゃったヨ。ちょっと寂しいねぇ。


 それに道が狭いせいかな、なんか小さく感じた。地元の町並みが。



 でも散歩っていいネ。いろんな発見があるよ。


 ボビィくんのボケ防止に、明日も散歩に行こーっと。私の箕面リハビリもかねて。

 昨日は中高からの友だちと一年ぶりに飲んだ。


 彼女も高校を出て以来ずっと海外に住んでいるんだけど、お互い帰ってくるたびに会っている。そのたび、今の全然違うお互いの生活について話したり、昔の自分たちについて語ったりする。


 昨日も、おいしく飲んで食べて語って・・・私たちも大人になったねぇ、もうアホ飲みとかせんもんねぇ、昔は終電逃したり~とかもよくあったけど、もうオールとかしんどいしー、なんて、ちょっと懐かしがってみたり。そこまではよかったんだけど。


 ふと見ると、親から携帯にメールが。

 「終電間に合うの?」


 え、終電ってもっと遅いんじゃないの? 終電って何時やっけ? アレ。。。


 ・・・いや~、大人の落ち着きぶりはどこへ行ったのやら。二人して、もうそっから大慌て。


 普段、終電の時間なんか気にしなくていい生活(終電のないNYと、電車のないルレナバケ)を送ってる私たちは、久々の大阪で、自分たちの最終の電車の時間を一時間ほど勘違いしていて、気がついたときにはもう終電間近に。


 ヤバい、ヤバい、と残ってたジョッキのビールをイッキして、会計を済まし、商店街を走る、走る。関西人の得意技で赤信号も走り抜け、別れの挨拶もそこそこに、自分の電車に飛び乗る。


 ・・・はぁ~、ギリギリセーフで、終電間に合ったヨ~。


 えー、とりあえず、電車が動き出してから、ひとりツッコミ入れといた。

 どこが大人やねん!と(笑)。


 そんなワケで、ふたりして、すごいとぼけぶりを見せた夜だったけど、結局、年を重ねても人ってそんなに変わらないモンなのかもネ。昨日はありがとう、しほこチャン。

 ほったらかしにしていたお店のホームページを、久々に更新した。


 増え続ける商品の写真をアップしよう、と思いながら、ルレナバケでのネットが遅いのを言い訳に、そのまんまになってたので。


 ルレナバケをベースとしてる私にとって、最近日本でハヤりのネットショップを始める将来はまだまだほど遠く、今のところ、写真はただの見せびらかし(?笑)で、あんまり実用的なページにはなってないんだけど、まぁ、これ見て当地のいろいろな作品に興味を持ってくれる人がいればいいな~、って感じで。


  でも、今後の活動の参考に、こういう商品に興味がある、とか、この商品がこうなればよりいいかも、とか、そーんなご意見・ご感想は大歓迎です。

 あと、どっか日本で買い取りや委託で商品置いてくれそうな、「フェア」な「トレード」ができるお店などあれば、ぜひぜひ教えてください。



 お店のページ ↓

 http://monito-bonito.hp.infoseek.co.jp/images/tienda.html
 帰郷して5日目。

 久々の実家は、突っ込みどころが満載だ。

 家に着いて最初の衝撃は、犬がバカデカいこと。(実家のラブラドール、ぼびぃくん、11歳。)マジで、でかすぎる。46kgって・・・。いや、でかいと常々知ってはいたんだけど、久々に見ると、驚きも倍増。こいつ、もはや犬って呼べないんじゃ・・・。何、食べさせたらこうなるの? ついでに、二匹の猫ちゃんたちも、ブクブク。


 自宅のトイレ入って、びっくり。だって、フタが勝手に開くんだもん。これにまだなかなか慣れず、誤って自分でフタを開けたら、逆に閉められたし(笑)。


 ほかにも、ママさんがますます有閑マダムになってたり、見たことないグッズがいろいろ家に増えてたり、代わりに自分の所有物がなくなってたり、コンビニのように種類豊富なお菓子が揃ってたり、お風呂がしゃべったり、・・・とにかく、久々の実家はとっても不思議な感じ。


 ところで、ネットがワイヤレスで繋ぎ放題ってのは、かなり便利だネ。これまで田舎で世間に疎い生活を送っていたぶん、この機にちょっと情報収集に励んでみたりしてる。


 うーん、ぼちぼち、ペース戻していかんとな。
 ラパス出発が早朝だったので、前夜は飲むのは控えめにしよう、と思ってたのに、ボリビア人の友だちに誘われて、うっかり朝の4時まで飲み屋で踊ってた。だって、Mongos(ラパスの飲み屋さん)がサルサ・ナイトだったんだもん。。。


 結局オールになった朝っぱら(てかまだ夜中?)、踊り疲れてフラフラしながら、友だちの家からスーツケースとバッグパックを拾って、タクシーで空港に乗り付ける。


 そんなこんなで、寝ずにわざわざ朝の4時半のチェックインに、お酒の残ったカラダで駆けつけたっていうのに、・・・おいおい、飛行機、来ないやん。結局、8時頃まで待たされたあげく、ようやく出発。まぁ、その間、恥じもかき捨て、空港のロビーのイスで寝まくってやったけど。


 もちろん、飛行機でもひたすら寝てたから、9時間ほどの旅の長さはまったく感じず、無事マイアミに。いや、無事というか、出発が遅れたために、ここでも乗り継ぎ時間がギリギリで、ゲート→入国審査→荷物受け取り→国内線ゲートを走らされるはめに。。。なんか、走る、寝るの繰り返しな旅。


 そんで、夜中に国内線でダラスに着いた私は、行くアテもなく、そのまま空港で夜を明かすことにする。乗り継ぎの多い空港だから、きっとホテルに泊まらず、適当に朝まで過ごす人が私以外にもいるはず、と思いきや、普通にみんな荷物を受け取って、次々と空港を去って行くし。


 ひとりぼっちになっちゃったので、セキュリティーのおっちゃんに空港のベンチで寝ていいか、って聞いたら、これがめちゃめちゃ気のきく素敵なオッチャンで、夜は寒いからと、毛布を3枚も貸してくれたうえ、ベンチに車イスを引っ付けて、即席ベッドを作ってくれちゃった。


 夜中の1時に空港の日常が終わり、朝の5時にまた、空港としての日常の活動を開始するまでの数時間のガラーンとした空港は、ここに住み込んでるらしいラテン系やら黒人系の清掃係やセキュリティーの人たちだけの世界となる。『ターミナル』っていう、トム・ハンクスの映画そのままみたいな感じで、なんとなくおもしろかった。と言っても、私はやっぱりずっと寝てたんだけど。


 ダラス→成田、成田→伊丹でもやっぱり大半寝ていたので、もう時差ボケとかの感覚もよく分からなくなってるけど、とりあえず今夜は三日ぶりのベッドでゆっくり身体を伸ばすことにしよーっと。
 日本に帰るのは楽しみやけど、その前に憂鬱な長旅が・・・。



 まず、明日は、ラパスよりさらに数百メートル高いエルアルト空港に朝四時入りという、なんとも残酷なスケジュール。ちなみに、5月半ばのボリビアは冬突入の季節です。軽く凍え死ねちゃうと思うんすけど。


 そして、ラパス→マイアミ→ダラスと飛んで、そこで夜中に下ろされ、翌日の朝10時頃まで待て、と。


 せめて、マイアミで一泊とかなら、まだ楽しみもあったのに。。。サルサバーに繰り出したり?


 でも、夜中にダラスのダウンタウンなんか出ても、特にすることなさそうだし、めんどくさいから空港のベンチなんかで一夜を越すことになりそうだな。


 てか、さすが格安チケット。コネクション悪すぎ。貧乏旅行者への嫌がらせっすか?



 まぁ、その後は、成田までひとっ飛び→最終伊丹、なんで、後半は問題ないけど。とにかく、究極の長旅地球半周。目指すは、実家で待ってる(かな?)、和食とビール!



 ・・・今日は飲みすぎないようにしよう。
 しばらく日記を書けなかったのは、さぼってたワケではなく、病気をしてたワケでもなく、いつもパソコンを繋がしてもらうルレナバケのネット屋さんが突然なんのアナウンスもなく閉店してしまったせいで、あやうく自分でもこのブログの存在を忘れてしまうとこでした。


 ネットは、身近にあるとついつい依存してしまうけど、ないならないで、特にそんなに気にならない、と思うのは、すっかり「ボリビアぼけ」しちまってるんですかね。


 ・・・てか、メールとかしてくれた方、返事返せなくてごめんなしゃい。



 ところで、いつのまにか時は流れて、今、ラパスにいます。今日の朝、着いたばかりで、さっそく友達の家で味噌汁と日本米の「和」な朝食をいただき、あっつい湯船につかり、感動に浸ってるところです。


 これからちょっと都会をブラついてこようと思います。



 ちなみに、水曜日にこっちを出て、金曜日に日本に着きます。東京で会いたい人たちもいっぱいいるんだけど、格安チケットの都合上、ストップオーバーができないみたいで、直で実家の大阪に帰ることになりました。


 滞在は一ヶ月程度だけど、せっかく地球半周もしてわざわざ帰国するんだから、したいこともいろいろあるし、会いたい人もいっぱいいるし、やっぱりなんとなく気持ち浮かれちゃいます。


 何が恋しいって、日本のあっさりしょうゆ味、海鮮料理、アジアの激辛料理・・・。


 6月中旬までに関西にいる方、来る方、ぜひぜひ居酒屋で生ビールと日本酒飲みましょう。